Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ランダム: この子は、病気の子犬を救うために、貴重なポケモン カード デッキを売ろうとしました。

米国バージニア州出身の 8 歳の Bryson Kleiman は、愛犬のことを心配していました。 子犬のブルースは無気力で、いつもと違う振る舞いをしていました – 子犬のようではありませんでした。 かわいそうな子犬を獣医に連れて行った後、彼は主に犬に現れる伝染性ウイルスであるパルボと診断されました。 パルボウイルスは非常に危険で、特に若い犬では死に至る可能性があるため、治療費が 700 ドルに達したとき、家族は絶望的な状況に陥りました。

「兄と妹はいつも一緒に遊んでいて、一緒に遊ぶ人がいないので、ちょっと悲しくなった」とブライソンは語った. 地元のニュース局、Local12へ. 「私はいつもブルースと遊んでいます。」

ブライソンは自分で問題を解決し、「4 SALE ポケモン」と書かれた看板を掲げた道端のブースを設置しました。 シリーズの大ファンとして、ブライソンは多くのポケモン カードを所有しており、現在の価格ブームを考えると、お金を稼ぐためにそれらを販売してみるのも悪くありませんでした。

しかし、ブライソンの母親であるキンバリー・ウッドラフは、獣医の費用を援助しようとしている息子の写真を見たとき、「犬を救おうとする少年「ブライソンが貴重なコレクションを失うことなく資金を調達すること。当初の目標は800ドルでしたが、この物語が人々を刺激し、150人以上の寄付者が5,420ドルを集めることができました.とウッドラフは言います。

READ  世界の株価が上昇...日本は東京の米国の警告に対応