Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

リオティントが二酸化炭素排出量削減プログラムの一環として日本のGVCネットワークに参加

ダニエルグリーソンによって2021年4月6日に投稿

リオティントジャパンは、環境省が設立した日本のグリーンバリューチェーンプラットフォームネットワークネットワーク(GVCネットワーク)と提携しており、国内での明示的な装飾の取り組みを主導しています。

リオティントジャパンの代表取締役兼社長であるビルホリ氏は、次のように述べています。

2018年に開発されたGVCネットワークのメンバー企業は、経済的に実現可能であり、目標1、2、および3を達成するのに効果的な、科学に基づいた排出削減の目標を決定するために取り組んでいます。 リオはまた、再生可能エネルギー、エネルギー安全保障、または省エネに関連するソリューションを共有すると述べました。

リオティントは、2050年までにその事業で正味ゼロ排出量を達成することを目指しています。 責任あるアルミニウムの開始-主要なイノベーションプロジェクト-同社は、洗練されたソリューションで脱炭素化をサポートする取り組みは、GVCネットワークの目標に沿っていると付け加えました。

GVCネットワークは、ネットワーキングを通じて体系的に協力し、電子機器、機械設備、自動車、航空宇宙、製薬、化学、化粧品、建築および建設、不動産、住宅、印刷、食品および飲料、船舶など、さまざまな業界を代表する141人のメンバーを擁しています。 、小売、出版、ロジスティクス

リオティントは、2050年までに事業で正味ゼロ排出量を達成するために、排出原単位を30%削減し、2030年と2018年までに総排出量を15%削減することを目指しています。 同社は、事業の気候不況を改善するために、排出削減プログラム、研究開発、運用に5年間で約10億ドルを費やす予定です。

リオティントは、そのアプローチを導くためのスケーラブルで効果的なスコープ3排出削減目標の概要を示しています。これには、中国、日本、韓国(企業のバリューチェーン排出量の88%を占める国)間のパートナーシップが含まれます(目的3)。

同社はまた、今後10年間の成長がカーボンニュートラルになることを約束しています。

READ  日本と鉄道がトヨタに金属のソムクロスを作る