Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

リオティントは日本の住友商事で水素製造を研究しています。

OpenClipartによる画像-Pixabayからのベクトル

オーストラリアの世界的な鉱業会社であるリオティントは、日本のエネルギー会社である住友商事と提携して水素を製造し、オーストラリアのグラッドストーンにあるヤーワンアルミナ精製所で使用しています。

住友商事はグラッドストーンで水素製造の研究を行っており、その調査結果を使用して、リオティントと署名した手紙とともに製油所でパイロットを実施します。

パイロットはグラッドストーン水素エコシステムの一部として実施されており、住友はこれを学者、政府機関、公益事業者と提携して、2030年までに水素生産のハブとしてクラッドストーンを開発する予定です。

締約国には、Gladstone Ports Corporation、Gladstone Regional Council、Australian Gas Networks、CQUniversityAustraliaが住友と協力して含まれています。

この発表は、オーストラリアでグリーン水素とアンモニアの大規模生産が技術的に実現可能であることを確認する研究が行われたというPBの発表に続くものです。

読んだ
ガラスの製造に使用される水素としての「世界初」
ゼラは日本のLNGプラントで水素デモプロジェクトを計画している

住友との提携について、リオティントのケリー・パーカー最高経営責任者(CEO)は、日本企業との提携を拡大していると語った。 クラッドストーン。

「アルミナ生産の炭素強度を削減することは、2030年と2050年の気候目標を達成するための鍵です。まだやるべきことがたくさんありますが、このようなパートナーシップとプロジェクトは、私たちがそこに到達するのを助ける重要な部分です。

オーストラリアで水素の増加を採用することで、エネルギーの輸出を通じて国の経済を強化し、地域の需要を満たすための安全なエネルギー供給を確保すると同時に、炭素排出量を削減することができます。

オーストラリアの水素能力を拡大することにより、何千もの雇用が創出されると予想されています。 国際企業との協力は、市場の成長を加速させるのに役立つと期待されています。

住友2050は、カーボンニュートラル目標を達成するために水素イニシアチブを利用することにより、グリーンプロジェクトのポートフォリオを拡大しています。

住友商事のエネルギーイノベーションイニシアチブディレクターである森肇氏は、「住友商事は、グラッドストーン水素環境を構築するための設計と初期プロジェクトを開始しました。今後もグラッドストーンからの水素輸出に向けて取り組んでいきます」と付け加えました。

ウォーターグレンブッチャーは次のように繰り返し述べています。「グラッドストーンの世界クラスの深海港、アウンガダムによる水の保全、地元の州開発地域による産業の魅力により、グラッドストーンはオーストラリアの水素の首都となり、最大の雇用とサプライチェーンに機会を提供しています。クイーンズランド州の地方および中央部。

READ  オリンピックが100日間の開催に入る中、日本は安全を確保するために戦っています