Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

リクルート求職者の時価総額は日本で6位に上昇しました

東京発-米国の好調な労働市場は、金曜日に日本の人材育成会社リクルートホールディングスの市場価値を10兆77億円(975億ドル)に押し上げ、初めて10兆円を超えて取引を終えた。

リクルートの時価総額は、QUICK-FactSetデータが同等の約48,000社中159位であり、トヨタ自動車、キーエンス、ソニーグループ、ソフトバンクグループ、日本電信電話に次ぐ日本企業の中で6位でした。

米国の求人検索プラットフォームの所有者は、木曜日にすでに2021会計年度の収益予測をアップグレードし、純利益が90%増加して2,500億円になると予測しており、米国の「人材競争の激化」が下半期まで続くと予想しています。会計年度。

モルガン・スタンレーMUFG証券の津坂哲郎氏によると、この収益成長率は「市場の予想をはるかに上回っている」とアナリストの迅速なコンセンサス調査により、1,797億円の利益が見込まれています。 このニュースは金曜日のリクルート株を10%引き上げて6,350円にした。

採用は、時価総額で他の採用担当者をはるかに上回っています。たとえば、ランスタッドは135億ドル、アデコは95億ドルです。 しかし、この成長を牽引する経済環境がいつまで続くかは不明です。 求職者が仕事を見つけるにつれ、成長のペースを維持できるかどうかはまだ分からない。

JPモルガン証券ジャパンの森はるか氏は、実際にそれを含む人材育成市場は、今年の3月までの「下半期に勢いを失う」と予測した。

リクルートの将来の成長は、パンデミックから打撃を受けたローカルマーケティングビジネスの回復と、中小企業向けのSaaSビジネスからの利益を迅速に転換する能力にかかっています。

READ  日本を拠点とする日精樹脂工業は、米国本社をサンアントニオの南東側に移転しました。