Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

リヴァプールのこのコンビと19ゴールを決めたストライカーは、ユーロ2024のイングランド代表から外れる7人のうちの1人である。

リヴァプールのこのコンビと19ゴールを決めたストライカーは、ユーロ2024のイングランド代表から外れる7人のうちの1人である。

今週末までに、ギャレス・サウスゲートは33得点を26得点に変える方法を見つけなければならない。彼の決断の中には、攻撃的ではない、単純なものもあるかもしれないが、キットセンターに非常に多くの選手がいる中で、他の決断ははるかにデリケートである。バブルの中で。

月曜日のナイトゲーム これは、選択の点でいくつかの非常に大きな手がかりを提供し、パフォーマンスの点でいくつかの非常に大きな手がかりを提供しました。 私たちは数回の五分五分で考えを変え、サウスゲートも同様に考えられると考えています。

土曜日の締め切りまでに、少なくとも十数回は考えを完全に変える権利を留保しながら、ドイツ行きの航空券を逃すであろう不運な人物 7 名についての現在の予測/推測を以下に示します。

ジェームズ・トラフォード
ここからはさらに難しくなるため、簡単なことから始めましょう。 ギャレス・サウスゲートは33人のゴールキーパーのうち4人を擁し、26人のゴールキーパーのうち3人を獲得することになる。 序列はジョーダン・ピックフォード、デイライト、アーロン・ラムズデール、ディーン・ヘンダーソン、モア・デイライト、ジェームス・トラフォードの順となる。

残りの3人のうち1人が負傷した場合のみ、トラフォードが出場できる可能性がある。

ジャレル・クアンサー
ここはまだ比較的クリアな世界です。 害はありません、反則もありません。 彼は将来イングランドの選手になるだろうし、チームで過ごす時間は彼に何の害も及ぼさないだろうが、今の彼はイングランドのあらゆる種類のディフェンス陣の中で目に見えてキャップのない若手であり、間違いなくこのトーナメントを観戦する準備ができている。ビーチから。

将来の夏は大きく違って見えるかもしれませんが、クアンサーが今ここでそれを行うのを見ると、私たちは非常に驚くでしょう。

ルイス・ダンク
今はもっと難しいです。 最後のチームに関するサウスゲートの大きな決断は、本質的には矛盾するが同様に憂慮すべき2つの問題に集約される。 どの非常に優れた攻撃的選手を除外すべきであり、どの守備的選手を含めるべきでしょうか?

サウスゲート監督は明らかにダンクの信頼性と、国際レベルではないにしてもクラブでの豊富な経験を気に入っているが、彼が最高レベルには及ばず、イングランドの他のライバルに見られるような多様性もほとんど提供していないという厳しい現実が残っている。

ハリー・マグワイアとジョン・ストーンズがサウスゲートの後任の主力選手であることは分かっているし、マーク・ゲヒが長期解雇の後でボスニア戦では脆弱に見えたとしても、次の候補にはまだいるのではないかと疑っている。

これにより、ダンクはチームのベンチでジャラド・ブランスウェイト、エズリ・コンサ、ジョー・ゴメスと対戦することになる。 ブランスウェイトには将来性があると思われており、サウスゲートがブランスウェイトに与えられる可能性があった多くのキャップをダンクで浪費していることがますます増えている。 ユーロ終盤にブランスウェイトが出場を強いられるのを見て緊張しないとは言えないが、ダンクに対する恐怖は少なくなるだろうし、エヴァートンの男は少なくとも理論上の選手でもある。 ダンクには決して成しえなかったイングランドの守備の未来。

Konsa と Gomez の両方の利点は明白であり、より具体的です: 多用途性です。 コンサやゴメスのようなバックライン全体を十分に埋めることができる選手がいるチームにおいて、ダンクはワンポジションの代役としては十分ではない。

サウスゲート監督がそのように考えているのかどうかはまだ全く分からないが、イングランド代表監督がダンクに対して抱いていたであろう根深い疑念は、月曜の夜、彼が非常に限られた対戦相手に時々心配そうに引き伸ばされているように見えたときに明確になったに違いない。

カーティス・ジョーンズ
ここで比較的簡単な話に戻ります。 イングランドが中盤の選手の数がすでに相対的に少なく、いつでも右サイドバックとして求められる可能性があるトレント・アレクサンダー=アーノルドを含むことを考えると、イングランドが中盤のオプションから複数の選手を外したとしたら我々は驚くだろう。 しかし、もしサウスゲート氏が何も除外していないとしたら、つまりジョーンズ氏が明らかな欠落者であることを意味するなら、我々はさらに驚くだろう。

オリジナル33人の中でここで脆弱に見えるのはアダム・ウォートンだけだ。もしサウスゲート監督が他のディフェンダーかストライカーを選択肢リストに押し込みたいなら彼が道を譲るだろうが、ウォートンは月曜日の夜にジョーンズの前で本領を発揮することになるだろう。彼は将来有望なコナー・ギャラガーや間違いなくジョーンズよりも高い天井と大きな守備範囲を備えたオールラウンドなミッドフィールダーである。

ジャロッド・ボーウェン
彼は幸運ではないだろうし、それはイングランド代表を逃すストライカーにも当てはまるだろう。なぜなら、何度も述べてきたように、イングランドの選択肢の深さと広さは実にばかばかしいからだ。 しかし、彼はボスニア戦で長期間欠場することに不快なほど近づいているように見えた エベレチ・エゼ、コール・パーマー、ジャック・グリーリッシュが皆、より説得力のある主張をした夜に チャンピオンシップのディファレンスメーカーとしての役割について。

私たちは、アンソニー・ゴードンの欠場を、イングランドの他のさまざまなオプションとは大きく異なり、より直接的なものを提供していることを考慮して、明確な欠場ではなく、明確な出場と解釈することを選択しますが、ゴードンがいる場合、イングランドの攻撃的控えは左に大きく偏ることになります。 手軽さとグリーリッシュさ 我々の予想通り、彼らは全員ベスト26に入っている。

ボーエンはイングランドでブカヨ・サカに代わる最も自然な選手だが、本当に説得力のある選手ではない。 コール・パーマーはイングランドの多才な守備陣の攻撃版であり、サウスゲート監督は明らかに自分自身を主にジュード・ベリンガムの中央の10番の役割でバックアップしていると考えているが、イングランドが見逃すことなく右サイドでサカの役割を確実に引き継ぐことができる。

ジェームズ・マディソン
ボーエンと同様に、マディソンもパーマーの多様性の犠牲者である可能性がある。 マディソンにとって不愉快な真実は、新年に怪我から復帰した後、安定性を保つために苦労したことを考えると、彼はどのポジションにおいてもイングランドの最初の控え選手ではないということだ。 彼はベリンガムとパーマーの後ろ、中盤と攻撃の間の好ポジションに位置しており、スターターのフィル・フォーデンとサカの後ろのエゼ、グリーリッシュ、ゴードン、ボーウェンのいずれともワイドポジションを争うことはできない。

彼とスパーズが絶対的に有利だった10月にそんなことを言うのはばかばかしいことだっただろうが、今の彼はイングランドの攻撃的選手の中で最も解雇しやすい選手に見える。 サウスゲートはそのうちのいくつかを排除する必要があるだろう。

F365 からのイングランドの詳細:
👉 イングランド対ボスニアの選手評価:エズ、パーマー、TAA、グリーリッシュは全員出場枠を要求するもワトキンスは苦戦
👉 ジャック・グリーリッシュ、エベレチ・エゼの才能にもかかわらず、成熟の名の下にユーロ2024へ
👉 チェルシーのスター選手がボスニア戦でイングランド代表初ゴールを決めたにもかかわらず、サウスゲート監督がコール・パーマーを批判

オリー・ワトキンス
チャンネル4のボスニア戦中継では、ワトキンスとイヴァン・トニーを含むサウスゲートの可能性について乱暴な議論があった。 私たちにはそれが見えないだけなのです。 イングランドはバックアップよりも他の場所でのカバーが必要だ。

マーカス・ラッシュフォードの欠場は「3ストライカー」の方針にわずかな光をもたらすかもしれないが、サウスゲート監督がパーマーからこの試合を十分に見ていなかったら、そもそもラッシュフォードをフィールドから外す決断をしなかっただろう。シーズン中、彼が第3の選択肢となる可能性があることを示唆している。

それはまだワトキンスかトニーであると確信しています。 23/24シーズンで極端な変動があったにもかかわらず、ワトキンスは依然として最も脆弱である。 月曜日の夜に行われたイングランドのもう一つの試合ではほとんどパスされず、どちらの選手も国際経験は豊富ではないが、両選手に与えられた限られたチャンスの中で最も注目を集めていたのはトニーだった。

ペナルティ要素もありますが、これはセカンドストライカーが配置される可能性が高い状況を考慮する際に非常に重要です。 トニーが致命的に場違いであり、ワトキンスが著しく貧弱であるという事実は、非常に考慮すべきことです。

ワトキンスは、もし自分が出場を逃す選手であれば、特にトニーのように長期出場停止からの復帰が残念な結果となった選手にとっては、自分自身が非常に残念だと考えるかもしれない。 しかし、ワトキンスは今シーズン、アストン・ヴィラで自身の地位を確立するためにもっと多くのことを成し遂げることができたかもしれないが、イングランドのユニフォームを着てできることはもっと少なかったかもしれない。

このかなり明白な事柄と、ますます絶望的な推測と直感の組み合わせにより、私たちは次のようなことを感じます…

ユーロ2024におけるイングランド代表のF365ラインナップ

ゴールキーパー: ディーン・ヘンダーソン、ジョーダン・ピックフォード、アーロン・ラムズデール

守備側: ジャラド・ブランスウェイト、ジョー・ゴメス、マーク・ゲヒ、エズリ・コンサ、ハリー・マグワイア、ルーク・ショウ、ジョン・ストーンズ、キーラン・トリッピアー、カイル・ウォーカー

ミッドフィールダー: トレント・アレクサンダー=アーノルド、ジュード・ベリンガム、コナー・ギャラガー、コービー・マイノ、デクラン・ライス、アダム・ウォートン

攻撃者: エベレチ・エゼ、フィル・フォーデン、アンソニー・ゴードン、ジャック・グリーリッシュ、ハリー・ケイン、コール・パーマー、ブカヨ・サカ、アイヴァン・トニー

READ  レスターはディーン・スミスをシーズン終了までの新監督に任命し、ジョン・テリーがコーチングスタッフに加わる | サッカーニュース