Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ルト社長、日本企業トヨタと大型取引を締結

ルト社長、日本企業トヨタと大型取引を締結

報告者 ビジネスデイリーケニアのビジネスニュース出版物が報じたところによると、ケニアの大統領ウィリアム・ルト博士は、以前はツイッターとして知られていたXを通じて、ケニアがトヨタとの提携においてこれまでに成し遂げてきた進歩を明らかにした。

「東京では、日本はケニアと豊田通商との間の協力枠組協定の調印に立ち会い、その後トヨタ茂田町工場を視察しました。」 大統領は水曜日にツイートした。

「この契約には、150億シラのメル風力エネルギー、80億シリのイシオロ太陽光発電、ティカ・ケニア車両製造会社(KVM)への8億シリの初期投資、メニンガイ地熱発電所への750億シリの初期投資、および電動車両の促進が含まれます。」 も追加されました。

ケニア大統領は最新のツイートで、両国がパイプラインにある他の覚書との更なる合意を検討していると述べた。

ルト大統領はさらに、ケニア代表団がトヨタ製品に対する需要の高まりを活用するため、ケニアに自動車製造工場を設立することについてトヨタと話し合ったと述べ、同大統領はその需要は順調に伸びていると主張した。

「工業化プロジェクトにより、当社が輸入し続ける中古車の台数が減り、当社の熟練労働力に雇用の機会が創出されます。豊田通商がこのプロジェクトが実行可能であると判断したことを嬉しく思います。当社は、多国籍自動車メーカーが事業を立ち上げるために適切なインセンティブを提供することを約束します」ケニアで。」 大統領は言いました。

ビジネスデイリーの報道によると、メルー風力発電プロジェクトは、ティガニア東サブ郡の18,700エーカーの土地に割り当てられた400MWの風力発電所として設計されたが、イシオロ・ソーラー・アクセス・プログラムはもともと世界銀行の資金提供を受けたプログラムだった。 このプロジェクトは、5,000 世帯以上のクリーン エネルギーへのアクセスを増やすことを目的としています。

トヨタのKVMへの投資は当初、財政上の制約により製造能力が制限されていた現地組立施設を改修するため、2023年10月に日本の大阪で開催されたG7貿易大臣会合中にトヨタとケニア政府によって署名された。

READ  「コビッドの汚い秘密」:パンデミック後の経済混乱に関するスコット・ギャロウェイ