Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ルネサスの四半期利益は、火災にもかかわらず2倍になりました

日本のチップメーカーであるルネサスエレクトロニクスは水曜日、火災により4週間生産が停止したにもかかわらず、1月から3月の四半期に営業利益が2倍以上になったと語った。

同社の3ヶ月間の営業利益は、売上高が14%増の2,030億円で、301億円(2億7,700万ドル)でした。

ルネサスは、チップ製造のフロントエンドである6つのウェーハ工場の1つで火災が発生したため、3月19日から4月16日まで混乱しました。

世界第2位の自動車用半導体メーカーであるルネサスには、チップ製造のバックエンドである組立および試験工場がさらに3つあります。

ルネサスは、電気的過負荷が火災につながったと考えていますが、公式の原因はまだ特定されていません。

工場は4月17日に生産を再開したが、4月21日に別の事故が発生し、前回の火災と同じ階の送電システムの電気パネルから煙が上がったと報告された。 工場での生産は、2回目の火災による深刻な影響を受けませんでした。

ルネサスは「ファブライト」のメーカーとして、その生産の一部を台湾セミコンダクターマニュファクチャリング社などのファウンドリに委託しています。

しかし、パンデミックの中でコンピューターとサーバーの需要が増加し、その後のリモートワークの増加によって引き起こされた今年の世界的なチップ不足により、アウトソーシングではなく社内でより多くのチップを製造することが求められています。

ルネサスの柴田英利最高経営責任者(CEO)は、ファブレス工場として運営するという同社の戦略に変更はないと述べた。

READ  ミャンマーで不安が高まる中、日本企業はビジネスへの影響を懸念