Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ルペン党、マクロン氏に大敗

ルペン党、マクロン氏に大敗

出口調査によると、ドイツのオラフ・ショルツ首相率いる社会党は欧州選挙で保守党や極右政党に敗北し、史上最悪の欧州選挙に苦しむことになりそうだ。

アンゲラ・メルケル首相のCDUとその姉妹政党であるバイエルン州のキリスト教社会同盟は、ドイツ産業界の間で物議を醸している内燃機関車の生産禁止など、EUの環境公約から撤退すると約束し、得票率30%を獲得すると予想されている。

親プーチン派の「ドイツのための選択肢」は、中国スパイスキャンダルやナチス同調疑惑などのスキャンダルの嵐を乗り越え、得票率16%を確保し、2019年の結果と比べて得票率が5%上昇した。

一方、ドイツ連立与党の主要政党である社会民主党を擁するシュルツ氏の得票率はわずか13.9%とみられる。

ドイツの放送局ZDFの委託で実施された世論調査によると、2019年の支持率20.5%だったドイツの緑の党は、今年は12.5%で大きく4位に終わることが予想されている。

この打撃は欧州全土に及ぶとみられ、エマニュエル・マクロン氏のような支配層はEUのネットゼロ目標に反対する右派政党に投票所で敗北すると予想されている。

  • CDU/CSU は 29.5% で勝利する見込みです
  • 極右政党「ドイツのための選択肢」の得票率は16.5%
  • シュルツ氏の社会民主党の得票率は14%と予想される
  • 緑の党は12%を獲得します。

ドイツは新欧州議会の720議席中96議席を獲得し、単独で最大のシェアを獲得している。

READ  クリス・クリスティ氏、トランプ氏に発砲し2024年のホワイトハウス選挙から撤退