Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ルペン氏、マクロン氏を「行政クーデター」で非難 – Politico

ルペン氏、マクロン氏を「行政クーデター」で非難 – Politico

これは、大統領の権限をめぐってマクロン陣営と国民集会の間で続いている対立の最新の出来事にすぎず、極右政党は主要官僚の任命は次期政権に委ねられるべきだと主張している。

ここ数日間、マクロン大統領はフランスで多くの高官を任命し、同盟国にブリュッセルでの要職を与えようとした。

マクロン氏は先週、ティエリー・ブルトン氏のフランス欧州委員への任命を承認することを提案し、ルペン氏の批判を招いた。

ポリティコは、フランス大統領が他の欧州当局者らとも、復帰する可能性が高いウルズラ・フォンデアライエン欧州委員長の副首相として元欧州連合顧問アレクサンダー・アダム氏をブリュッセルに派遣する交渉を行ったことを認めた。

第1回選挙に先立った先週の閣議で、マクロン大統領はまた、大使、フランス空軍の新しい参謀長、外務省の新しいEU局長を含む数人の高官を任命した。

フランスの有権者は、早期議会選挙の第2回投票に投票するため、来週日曜日に再び投票所に向かう。 先週日曜の第1回投票では極右政党「国民集会」が得票率33%を獲得し、最大の勝者となった。

マクロン陣営が議会で過半数を失う寸前にあり、大統領の権限がどうなるのかを巡って国民集会と対立している。 共存 さもなければ、大統領は政権樹立のために極右野党に頼らざるを得なくなるだろう。

POLITICOのブリュッセル・プレイブックとのインタビューで、ジャン=クロード・ユンケル元欧州委員長は、「マクロン氏は欧州政策の方向性にほとんど影響を与えないだろう。なぜなら… [it] 「それは政府の権限下にあり、政府が管理している。」

READ  Covidの起源:中国の科学者が待望のデータを発表