Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

レトロな日本:変化する風景の中でも美しさを保つ東京の三叉橋

東京 — 1929 年に日本の首都の中心部に建設された珍しい 3 車線の橋は、周囲の景観が変化しても機能的な魅力を保っています。





9月 2020年3月30日、東京都周防区の三次橋でスズランのような不気味な街灯が見られた。 (毎日/大森明宏)=写真をクリック/タップすると他の写真が見られます。

周防区の三好橋の西は銀座商店街、南は2018年まで全国最大の魚市場がある築地地区。 橋の東側には、かつて歓楽街があった新富地区があります。 カプキザ劇場は南西に約 500 メートルです。

橋の幅は15メートル。 微妙なアーチを持つ珍しい 3 車線の橋で、有名な作家、三島由紀夫の小説「七つの橋」に登場しました。 三次橋の下を築地川が流れ、日用品を運ぶ船が流れていました。

その後、川は埋め立てられ、橋の下を首都高速道路と東京メトロ有楽町線が通っています。 周囲に高層ビルが建ち並び、景観は大きく変わりましたが、橋の機能美は健在です。

日没後、中央区役所の最上階から橋を長時間露光で撮影しました。 写真では、下の高速道路を走る車とは対照的に、橋は静かです。

1923年の関東大震災の復興事業として建設され、通勤者の生活を支え続けている三次橋。

【写真・映像センター 大小森明宏】





2020年9月30日に撮影されたこの写真では、東京都周防区の三次橋のわずかに湾曲したデザインが印象的です. (毎日/大森明宏)=写真をクリック/タップすると他の写真が見られます。

* * *

この記事の日本語版は、2020 年 10 月 18 日に最初に公開されました。

* * *

このシリーズは、日本の建築の驚異と過去の秘密を探ります。 レトロジャパンの記事はこちらから。

READ  Govt-19 Tracker:東京の患者数は1週間前に2,800人に減少しました