Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

レトロジャパン:京都温泉浴場のインテリアは、ショーと時代の景色を提供しています

京都-京都府木田区西寺の近くにある温泉、船岡温泉の入り口にある京都神社には、永久的な「唐破風」ケーブルがあります。 その起源は、フノカロに併設されたバース・アンセンによって2階建ての木造レストランと旅館が建てられた1923年以前にさかのぼります。



船岡温泉の入り口は、2021年10月20日に京都の北区にあり、神社にあるものと同様の「唐破風」ケーブルがあります。 (Minichi / Tatsuya Onishi)=写真をクリック/タップすると、さらに多くの写真が表示されます。

天然温泉のない京都では、1933年に日本初の電気風呂として安泉と呼ばれる許可を得て設立されました。 「特製船岡温泉」として認められています。 戦後まもなく本格的な銭湯が始まりました。

2003年に、国はその浴室と更衣施設を堅実な文化財として登録しました。 木彫りの「らんま」トランサムの変化するエリアの周りの透かし彫りには、京都の3つの主要な祭りの1つである葵祭のパレードを描いた他の画像が含まれています。 屋上には、民話の生き物である九喇デング熱が牛坂丸(源義経、12世紀の若き戦士)に刀を教えている様子を描いた彫刻があります。 更衣室と入浴室をつなぐ廊下の壁は、カラフルなマジョリカ焼きのタイルで飾られています。

改装されたバスルームは、男性または女性を除いて毎日交換されます。 電気風呂のほか、医療風呂や露天風呂など、さまざまなお風呂があります。 天然温泉ではありませんが、大正(1912-1926)、昭和(1926-1989)の時代の雰囲気に浸り、体を温めることができます。

(日本オリジナル大西達也、大阪写真部)



2021年10月20日、京都北区船岡安泉の更衣室とバスルームをつなぐ歩道で、色とりどりの美しいマジョリカ焼きタイルが発見されました。

* * *

この記事の日本語版は、2021年11月14日に最初に公開されました。

* * *

このシリーズは、日本の建築の驚異と謎を探ります。 レトロジャパンの記事はこちらからご覧ください。



写真のレトロな日本:京都の歴史的な船岡温泉のバスルームの複雑なインテリア

READ  東芝の幹部職の喪失は、日本でいくつかの珍しい良いニュースを提供します