Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

レトロジャパン:大阪中心部にあるきのこのような塔は、毎日40万人に空気を届けています

大阪-夕日が沈むと、JR大阪駅前の街の明かりに巨大なキノコのような構造物が迫っています。 一見、わかりにくいかもしれませんが、毎日約40万人が訪れる広大な白髪うめだ地下センターの吸気塔です。





2020年6月29日、大阪市北区にあるホワイティうめだ地下商店街の吸気塔を下から見たところです。この画像は許可を得て撮影したものです。 (毎日/北村隆夫)=画像をクリック/タップするとさらに写真が表示されます。

大阪市北区御堂筋通りの北端に位置し、1963年に商業施設がオープンした際に、梅田歓楽街の地下商店街を換気するための構造物が設置されました。

塔は、重要文化財に指定された広島記念大聖堂や日本生命保険などの重要な建物を設計した日本の代表的な建築家、村野藤吾(1891-1984)によって設計されました。 東京の日比谷ビル。

大阪の梅田空気取り入れ施設は、高さ13.5メートルから18メートルまでの5つの塔で構成されており、そのうちのいくつかは頂上近くで接続されています。 塔の鉄骨の正方形、五角形、六角形は、パッチワークのようにステンレス鋼のプレートで覆われています。 大胆な曲線で構成された有機的なデザインは、機能と形成的な美しさによって区別されます。

WhityUmeda地下ショッピングセンターには約180のテナントがいます。 時代は変わりましたが、空気取り入れ塔は下の商店街に息吹を吹き込み、梅田エリアのランドマークとして立っています。

(大阪画像部北村隆夫による日本語原作)





2020年6月20日に毎日新聞からヘリコプターで撮影されたこの写真では、大阪の北区の広い通りに囲まれた、白い梅田の拡張された地下ショッピング地区の吸気塔が見られます。(毎日/北村隆夫)=クリック/クリックより多くの画像のための画像に。

* * *

この記事の日本語版は、もともと2020年7月12日に公開されました。

* * *

このシリーズは、日本の建築の驚異と過去の謎を探ります。 レトロジャパンの記事はこちらからご覧ください。





写真のレトロな日本:空気取り入れ塔は大阪の地下商店街の人々の生命線です

READ  バンダイナムコは2022年に会社のロゴを変更しますが、新しい外観が十分にエキサイティングであるかどうかは議論の余地があります