Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

レベル4の自動運転車を道路に配置するために策定された改訂

警察庁は、高度なタイプの自動運転車が公道でいつどのように動作できるかについての法的要件を作成しました。

12月23日にリリースされたNPAのドラフト道路交通法改正により、レベル4の車両は5段階の自動運転技術で動作できるようになります。

当局は、詳細を検討した後、1月17日から始まる通常の国会にレビュー提案を提出する予定です。

政府は、無人輸送サービスのために乗客を運ぶバスやその他の車両を使用することを計画しています。

NPAドラフトによると、これらのサービスのオペレーターは、車両をリモートで監視し、事故が発生した場合は直ちに人員を事故現場に派遣する義務があります。

政府は、2022年度に限られた地域でレベル4の車両を運転し、2025年度までに40以上、2030年までに100以上にサイト数を増やす予定です。

レベル4のトラックは、早くても2025年に高速道路で運行される予定です。

自動運転車は、福井県永平寺町の待ち合わせ場所近くの建物から遠隔監視されています。 (神山淳一)

自動運転サービスは、緊急時に直接人間が参加する必要のあるレベル3の車両を使用して日本全国ですでに導入されています。

3月下旬、福井県永平寺町政府は、週末・祝日の昼間、20分間隔で自動運転電気自動車の運転を開始しました。

電気自動車は、観客や高齢者を含む4〜6人の乗客を、時速12kmの最高速度で10分間の2kmの道路に沿って運ぶことができます。

従業員が車両を始動した後、自動システムが操作を引き継ぎます。

車体にはセンサーとカメラが搭載されており、近くの歩行者が検出されたときに警告と速度低下を行います。

近くのオフィスに従業員が常駐し、3台の電気自動車が交互に走っています。 町は、人間の介入を必要とする緊急事態はなかったと言いました。

電気自動車の自律レベルは2022年度末までに4に引き上げられるため、緊急時もスタッフなしで対応します。

人口の少ない人口の少ない地域でドライバーを雇うことは困難であるため、市は自律技術に大きな期待を寄せています。

「公共交通機関を維持するためには雇用の削減が必要です」と市の政策立案部門の高官である山村徹氏は語った。 「自動運転技術を活用して、人の移動をサポートします。」

(この記事は神山淳一と福田直幸によって書かれました。)

READ  スクエアエニックスがキャンセルされたトゥームレイダーホラーゲーム、アセンションの映像を公開