Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

レポート:企業は6か月の純利益の改善を見ている

いくつかの主要な日本企業は、9月までの6か月間でより高い純利益を報告しました。 これは、世界的な経済活動の正常化に役立つコロナウイルスワクチンの発売の進展に伴います。

SMBC日興証券は、11月15日以前に東京証券取引所第1部に上場している1,453社が発表した半期決算を調査した。

この調査によると、4月から9月の期間の純利益は72%以上、つまり1,052社で、1年前の同様の四半期と比較して改善されました。 彼らの就業年は3月に終わります。

434社が3月までの通年の純利益予想を上方修正した。
これは、下方修正された企業の数の約2.5倍です。

すべての企業が通年で期待する純利益の合計は、コロナウイルスのパンデミック前に見られたレベルを超えています。 2005年3月期に比較可能なデータが入手可能になって以来最大の金額です。

SMBC日興証券のエクイティストラテジスト、安田ひかる氏は、メーカーの部品サプライチェーンのボトルネックは徐々に緩和されると予想されていると述べています。

しかし彼は、道路および航空輸送部門の運営環境は、通常に戻るまでにはまだ長い道のりがあると述べています。

READ  インテルとベトナムの外国企業は、コロナウイルスの厳しい対策を恐れています