Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

レポート:日本のスポーツカー復活は2025年レクサスLFAを示唆、LC、RC F、LBXモリゾーRR SUVの代替モデルがアウディRS5、BMW M4、AMG GTに対抗 – 自動車ニュース

レポート:日本のスポーツカー復活は2025年レクサスLFAを示唆、LC、RC F、LBXモリゾーRR SUVの代替モデルがアウディRS5、BMW M4、AMG GTに対抗 – 自動車ニュース

欧州、中国、米国の自動車メーカーがエンジンの小型化、モデルの標準化、あらゆる電気自動車への転換を急いでいる一方で、日本は内燃機関スポーツカーの復活に向けた準備ができているようだ。

ツリーの頂点に立つのは日本の高級ブランド、レクサスです。 アウディ RS5、BMW M4、メルセデス AMG C63 など、より象徴的なドイツ車の影に隠れて魅力的な LC、RC F、GS F、IS F モデルを備えたパフォーマンス カーの伝統が断続的に残っています。

しかし、レクサスは過去 20 年間で最も尊敬される高級車の 1 つである LFA を生産してきました。 絶叫するヤマハ V10 のせいで、レクサスは製造したほぼすべてのモデルで損失を被りましたが、真のハロー モデルであることを誇りに思っていました。

今回の LFA II (現在知られているもの) は異なります。 日本の出版物 最高の車 ほぼ信頼できる業界情報源から、レクサスの新しい V8 ハイブリッド パワートレインを搭載する来年のデビューが期待されます。

レポートによると、4.0リッターツインターボV8とハイブリッドシステムを組み合わせることで、ガソリンエンジンの530kWを含め、出力は662kWになると予想されています。 それがトヨタのコンセプトレーシングカー「GR GT3」に関連していることは間違いない。 最高の車s の幅は – に依存し、リアモーターからフロントモーターまでです。

アルミニウムボディとカーボンファイバーボディワーク(フルカーボンLFAボディワークよりも少ない)を使用し、非常に限定された特別モデルではなく量産モデルになります。 快適性を重視したLCとフラッグシップLFAの間のスペースを効果的に埋め、AMG GTやポルシェ911をターゲットにしています。

報道によると、LFAよりもはるかに安い価格で、現在の約19万オーストラリアドルに相当する約2000万円で販売される予定だという。

「LFA II」以下、 最高の車の情報によると、LC クーペと RC クーペは、まだ名前が決まっていない 1 つのモデルに置き換えられる予定です。

全長は4,800mmと現行LCより長く、全幅は1,900mmとやや​​狭い。 1350mmという高い数値も同様です。

レクサス LBX モレゾ RR コンセプト。

レクサス LBX モレゾ RR コンセプト。

新型モデルは5.0リッターV8とノンターボV6ハイブリッドを廃止し、3.5リッターツインターボV6ガソリンエンジンを搭載するようだ。

米国では、タンドラ ピックアップには、約 325 キロワットを発生する 3.4 リッター ツインターボ V6 をベースとした「i-Force Max」ハイブリッド パワートレインが搭載されています。 現行のLC 500hに搭載されているシリーズ・パラレル方式とは異なり、パラレル・ハイブリッド方式となっている。

あるいは、新しい車はLC 500hのマルチステージハイブリッドエンジンを採用し、一対のターボを追加して、出力を220kWから400kW程度に高めて、GRスープラと差別化することもできる。

レクサスLC RCディスプレイ(写真:BestCar)

レクサスLC RCディスプレイ(写真:BestCar)

バッテリー電動パワートレインも提供される予定で、FT-SEコンセプトカーに適合するようトヨタと共同開発される可能性が高い。

続いてLBXモリゾーRR。 アウディ、BMW、フォルクスワーゲン、メルセデスAMGが、ハイエンドコミューター向けの飢えていてポケットが豊富な市場があることを証明しているにもかかわらず、このブランドは適切なパフォーマンスのSUVを提供したことがない。

現時点ではコンセプトですが、巷の噂によると、最終製品版がリリースされる可能性が非常に高いようです。 1.6リッター3気筒ターボガソリン「G16E-GTS」ドライブトレインはすでにファミリーに組み込まれており、最近GRヤリスのオートマチックトランスミッションと組み合わせられた。

トヨタGR GT3コンセプト。

すべての兆候は、レクサスがトヨタの広範なスポーツカー復活に参加することを示しており、その中には来年早ければGR86とスープラの新バージョンが含まれ、MR2とセリカのネームプレートを復活させたまったく新しいモデルに加えて、軽自動車初のS-FRも含まれる。 。 トヨタから。

この情報はレクサスやトヨタ、あるいはプロジェクトの半分でもまだ確認されていない 最高の車 運転愛好家たちはその甲斐あって、今後10年間は​​何も心配する必要はないと報告されている。

READ  アジア選手権重量挙げで日本が金メダル、イランがメダル - 国際重量挙げ連盟