Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

レーシック手術から5年、毎日耐え難い痛みに苦しむ女性

レーシック手術から5年、毎日耐え難い痛みに苦しむ女性

元レーシック患者が、5年前に手術を受けて以来経験している慢性的な痛みについて打ち明けており、視聴者からはレーシック手術に対する懸念の声が上がっている。

TikToker エリン・オーチャード(@erinorchard88)は、1 月 7 日に投稿された最近の TikTok 動画で、13,000 人以上のフォロワーに向けてレーシック後の自身の道のりを率直に記録し、日々の痛みを「ほとんどの人が緊急医療を受けなければならないほど深刻だ」と説明した。 。

「これはすべて、悲しみのプロセスの一部です」とオーチャードさんは自身のビデオにキャプションを付け、このビデオは最初に投稿されて以来、390万回視聴されている。

レーシック手術は、潜在的なリスクや合併症が数多くあるにもかかわらず、矯正手術としてますます人気が高まっています。 によると、乱視、複視、ドライアイ、さらには視力喪失も発生する可能性があります。 メイヨークリニック。 手術で使用されるレーザーによって引き起こされる過矯正および過少矯正は、修正するために 2 回目のレーシック手術が必要になる場合があります。

@erinochard88 それはすべて悲しみのプロセスの一部です #慢性の痛み #慢性疾患 #レーザー眼科手術の合併症 #レーシック #prk #レーシック手術 #LASIK_合併症 #prksurgery #prksurgery更新 #レーシック手術 #レーシック手術_検査 #スプーン #スプーニーライフ #神経痛 #慢性疾患の認識 #レーザー眼科手術 #角膜神経痛 #三叉神経の炎症 #慢性的な生活 #慢性痛への意識 #慢性疾患 #スプーニーソフトイクトク ♬ すべて – ホームシェイク

2本目のビデオでオーチャードさんは、レーシックを受けた後に角膜に神経痛を発症し、そのためにさまざまな治療に何千ドルも費やしたが無駄だったと説明した。 彼女は手術後、クリスマスイブの入院を含めて2回入院したと語った。

「残念ながら、目のレーザー手術のせいで私の人生は台無しになりました」と感情を揺さぶるオーチャードさんはビデオを終える前にそう語った。

別のTikToker(@shanswanz)は、2020年にレーシック手術を受け、3年後に視力の問題が悪化して再び診察室に戻ってきたことを明らかにし、最近話題になった。 そこで角膜に神経痛があることを知り驚きました。

@erinochard88 目のレーザー手術で人生が台無しになった #レーザー眼科手術 #レーシック #神経痛 #慢性の痛み #健康管理 #prk #レーシック手術 #クラシックキャッチ #私たちは ♬ 夜のトラブル by ベティ・ビスケット・タイラー

オーチャードさんのオリジナル動画のコメント欄では、手術後に慢性的な痛みやドライアイなどの症状が多くの視聴者に共通して見られたという。 「2020年にレーシックを受けて、それ以来慢性的なドライアイに悩まされています。 ユーザーの @shelby_nations は、「時には疲れ果てることもあります」と書いている。

「14年前にレーシックを受けましたが、10年経ってようやく痛みが治まりました。レム睡眠中に目が覚めてしまいます」と別の視聴者もシェアした。

多くの人は、眼科医がこの手術を信頼していないようだったので、この手術を信頼していないと述べた。 ユーザーの @danakayalsepiclife さんは、「レーシック医師のカンファレンスの写真を見ましたが、ほとんどの医師が眼鏡をかけていました」と語った。 「怖かったよ。」

別の視聴者は「彼女は何年も前に眼科医で働いていたが、レーシックは絶対に考えないと言いました」と書いた。 「自分は決してそんなことはしないだろうと知るには、それだけで十分でした。」

Daily Dotは、TikTokのダイレクトメッセージを通じてオーチャードに連絡を取りました。

web_crawlr

弊社がウェブを巡回するので、お客様がその必要はありません。

Daily Dot ニュースレターに登録すると、インターネットの最良の情報と最悪の情報が毎日受信箱に届きます。

*初公開: 2024 年 1 月 16 日午後 8 時 (CST)

マヤとレイ

Maya Ray は、The Daily Dot の 2022 年秋 FOIA インターンです。 彼女は現在、テキサス大学オースティン校の 4 年生で、ムーディー大学優等生プログラムでジャーナリズムを学んでいます。 彼女はデイリー・テキサン紙とオースティン・クロニクル紙に寄稿しています。

マヤとレイ

READ  イエメンのフーシ派による紅海での貨物船ハイジャック事件を日本が非難