Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ロイターの世論調査によると、ほとんどの日本企業は、オリンピックの成功にもかかわらず、菅の権力を奪うことを望んでいる。

梶本哲史脚本の作品

東京(ロイター)-菅義偉首相がCOVID-19の取り扱いとその経済的崩壊におけるリーダーシップの欠如のために今年開催されるべき総選挙中に職を失うことを日本企業の過半数が望んでいる、とロイターの世論調査は示した。 。

ロイターの企業調査によると、オリンピックは菅義偉首相の支持が地元メディアの一部の世論調査で30%のしきい値を下回り、首相の運命を台無しにするのに役立っていないことを示しています。

情報サービス会社のマネージャーは、「反対派に期待することはできないが、少なくとも菅の経営陣は変わるべきだ」と述べた。

一部のアナリストは、選挙中に与党が政権を維持できたとしても、連立が十分な議席を失った場合、菅は辞任するよう圧力をかけられる可能性があると述べています。

化学メーカーのディレクターは、与党の自民党(LDP)が「コロナへの対応と政策立案者の質の点でより良い選択肢かもしれない」と書いた。

「それは、与党がより多くの議席を獲得する必要があるという意味ではありません。私は、それが切迫感を取り戻すために、過半数をわずかに超える議席を減らすことになりたいと思っています。」

確かに、野党の弱さから選挙で政権交代を期待する企業はほとんどなかった。 しかし、多くの人が、与党が選挙で議席を失うことを期待していました。

ゲームをホストする価値がある

企業調査には、503の大中規模の非金融会社が含まれ、その半数近くが匿名を条件に質問に回答しました。

ほとんどの企業は、オリンピック前の世論調査がパンデミックの中で支持者を上回っているゲームの反対者を示したという事実にもかかわらず、東京2020オリンピックを主催する価値があると言いました。 しかし、調査によると、90%がオリンピックがビジネスに影響を与えていないと考えていました。

「日本の魅力を柔軟に表現するためにオリンピックを開催することで、将来に投資する価値がありました」とセラミックメーカーのディレクターの一人は書いています。 「直接的な内向きの需要はなくなったが、日本がオリンピック選手を支援する能力を世界に示したことは事実である。」

5社のうち2社は、自民党とその小さな同盟国である公明党が現在の快適な過半数を維持するか、衆議院でより多くの議席を獲得し、議会の円滑な管理を可能にした。

しかし、菅のリーダーシップと説明責任に対する疑念が深まっている兆候として、連立の3分の1は連立が多くの議席を失うと予想し、別の4分の1は、連立が過半数に達しず、ほとんど権力を握っていないと見ていました。 衆議院の465議席のうち、与党は現在305議席を保持している。

菅氏の後継者を尋ねたところ、河野太郎ワクチン相が39%の企業に選ばれ、石破茂前国防相、岸田文雄前外相が続いた。

選挙後の政府の政策の優先順位に関しては、経済的措置とコロナウイルスの対応が回答者のやることリストを上回った。

(梶本哲史による報告、サム・ホームズによる編集)

READ  これらの新しいスポーツカーは、維持するのに驚くほど安価です