Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ロシアがウクライナに侵攻しているため、チップメーカーは現在限られた影響しか見ていません。

TOKYO / TAIPEI:大手チップ企業は、原材料の備蓄と雑多な調達のおかげで、現時点ではロシアとウクライナの紛争によるサプライチェーンの混乱は限定的であると予想しているが、一部の業界筋は長期的な影響がある可能性があると述べた。

ロシアが陸、空、海でウクライナを侵略した後、ヨーロッパは数十年で最大の安全保障危機の1つに直面しました。

この危機は、半導体チップが1年間不足した後、サプライチェーンがさらに混乱する恐れがある中で、グローバルに輸出または販売するテクノロジー企業の株に打撃を与えました。

ウクライナは、米国の半導体クラスのネオンの90%以上を供給しています。これは、チップの製造に使用されるレーザーにとって重要です。 市場調査会社のTechcetは、ロシアの製鋼からの副産物であるガスがウクライナで精製されていると述べています。 ロシアは、米国で使用されているパラジウムの35パーセントの供給源です。 金属は、他のアプリケーションの中でも、センサーやメモリに使用されます。

「チップメーカーは直接的な影響を感じていないが、半導体製造用の材料を供給している企業は、ロシアとウクライナからネオンやパラジウムなどのガスを購入している」と匿名を条件に語った日本のチップ製造筋は述べた。 「これらの材料の入手可能性はすでに制限されているため、供給に追加の圧力がかかると価格が上昇する可能性があります。これにより、チップ価格が上昇する可能性があります。」

しかし、混乱やその他の紛争のおかげで、企業は近年よりも準備が整っています。

「ロシアとウクライナの間の継続的な緊張による金属と希ガスの供給の潜在的な混乱の報告が半導体産業にとって懸念されていることを理解している」とメモリチップメーカーのマイクロンテクノロジーは述べたが、「多様な情報源があった」と付け加えた。 「その供給のために。

ホワイトハウスは、ロシアがこれまでヨーロッパといくつかのロシアの銀行へのロシアのノルドストリーム2ガスパイプラインを標的にしてきた米国の制裁に対して報復する場合に備えて、チップメーカーにサプライヤーを多様化するよう要請した。 さらなるステップが期待されます。

代替ソース

TSMC、サムスン電子、インテルなどのチップメーカーのオランダの大手サプライヤーであるASMLホールディングは、水曜日にネオンの代替供給源を研究していると語った。

ほとんどのチップメーカーは、米中貿易の対立、パンデミック、日本の韓国との外交的混乱によりサプライチェーンがすでに多様化した後、木曜日のエスカレーションの前に保留になっていると述べた。

2014年にモスクワがクリミアを併合したことでネオン価格が急騰した後、一部の企業はウクライナとロシアから多角化し始めました。

韓国のメモリチップメーカーであるSKハイニックスのイ・ソクヒ最高経営責任者(CEO)は先週、同社はチップ材料を「たくさん手に入れた」、「心配する必要はない」と記者団に語った。

Intel Corpは、影響はないと予想していると述べた。 GlobalFoundriesは、直接的なリスクを予測しておらず、台湾のチップメーカーであるUnited Microelectronics Corp.が行ったように、ロシアやウクライナ以外の情報源を探す柔軟性があると述べた。

世界最大の契約チップメーカーであるTSMCは「今のところ」コメントを控えたが、台湾のチップおよびパッケージング試験会社であるASE Technologyは、材料の供給は「現時点で」安定していると述べた。

台湾の経済省はロイター通信に対し、台湾の半導体サプライチェーンを調査したが、材料や生産活動に直接的な影響は見られなかったと語った。

市場調査会社のトレンドフォースのシニアアナリスト、ジョアン・チャオ氏は、「ロシアは現在、台湾の鋳造業界にとって主要な市場の1つではない」と述べた。

アップルの顧客を含むマレーシアのチップメーカーであるユニセムは、必要な材料がロシアから調達されておらず、ハードウェアが主に米国、日本、韓国、シンガポール、そして国内から供給されているため、チップ生産への影響はないと述べた。

マレーシアはチップ生産における重要なリンクであり、世界のチップアセンブリおよびパッケージングテストの13%を占めています。

チップの包装基板を製造している日本のイビデンは、十分な材料があると述べたが、ロシアからのネオンやその他のガス供給について尋ねられたとき、制裁はそれを変える可能性がある。 「私たちは少し心配している」とスポークスマンは言った。

(東京のティム・ケリーと台北のベン・ブランチャードによる報告、ソウルのジョイス・リー、台北のイモウ・リーとサラ・ウー、バンガロールのシャフィー・メタとクアラルンプールのリズ・リーによる追加の報告、サヤンタニ・ゴーシュとエドマンド・ブレアによる執筆、編集者ジェリー・ドイル)

READ  ルピーが対ドルで80ドルを下回り、輸入インフレが懸念される