Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ロシアのサハリン島が日本企業との炭素隔離協定の準備をしている

ユジノサハリンスク、ロシア、7月21日(ロイター)-地域の知事はロイターに、ロシアのサハリン島は2025年までにカーボンニュートラルに移行するため、炭素回収および貯留技術に関する日本企業との協力協定に近づいていると語った。

ロシアは、2025年までにサハリンをカーボンニュートラルにすることを目指しています。これは、国内で最初の地域であり、化石燃料が枯渇する中、島は再生可能資源の追加に迅速に取り組む必要があるためです。 続きを読む

「地方政府は有名な日本企業との協力協定に署名する準備をしている」とヴァレリー・リマレンコは電子メールの声明で述べた。 彼は他の詳細を与えなかった。

サハリンは、サハリンエナジーコーポレーションが運営するロシア初のLNG生産工場の本拠地です。 リマレンコ氏によると、同社は炭素排出量を削減し、カーボンニュートラル燃料を提供するための「環境LNG」戦略を策定したという。

この地域では、島で操業している20社以上の企業からの温室効果ガス排出量の割り当てを2段階で導入します。2023年から二酸化炭素換算で年間5万トン以上の排出量を持つ企業と、2025年から2万トン以上排出する企業です。ターゲット。

「私たちは…排出量を削減し、研究開発に費やし、気候変動に適応するために(割当からの)お金を使用したい」とリマレンコ氏は述べた。

この地域は、主に千島列島に風力、太陽光、地熱、小規模の水力発電所を建設することにより、2025年までに再生可能エネルギー源からエネルギーの28%を生成することを目指しています。

この地域では、2025年までに10,000台の電気自動車と1,000台の充電ステーションを提供し、地元の暖房ボイラーを、クリル諸島を含む天然ガスと液化天然ガスの使用に転換する予定です。

日本は、第二次世界大戦の終わりにソビエトによって征服された千島列島のいくつかの返還を要求します。 ロシアのプーチン大統領は、日本企業が共同で島を開発することを提案した。

エクソンモービル(XOM.N)とロスネフチが主導するサハリン石油生産量は、2020年の1840万トンから今年は15.2百万トン(1日あたり30万バレル)に減少し、埋蔵量が減少すると1400万トンに減少する予定です。 知事は言った。

サハリン2LNGプラントの原料であるガス生産量は、年間300億立方メートル以上で安定しています。

(ウラジミール・ソルダトキンによるカバー)KatyaGolubkovaとDavidEvansによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  FirstFT:今日の最も重要なニュース| フィナンシャルタイムズ