Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ロシアの懸念により、日本のガス輸入業者は新しい供給業者を探すようになりました

日本のガス会社は、日本とロシアが共同開発したLNGプロジェクトによる差し迫った供給途絶を恐れて、マレーシア、オーストラリア、米国から液化天然ガスを取得する計画を準備している。

緊急時対応計画は、世界第3位の経済大国を、世界のガス供給をめぐってヨーロッパと直接競争させる可能性があり、ロシアの西側諸国との連帯を示したいという願望にもかかわらず、日本のエネルギー需要を満たすことに重点を置いていることを強調しています。

日本のガス輸入業者は、2月以降、一部の過剰なLNG貨物がヨーロッパに出荷されているが、日本のエネルギー安全保障の敏感さから、カタールなどの生産者からの長期契約からの大幅な転用の見通しはないと述べた。

日本のエネルギー会社は、サハリン2 LNGプロジェクトや日本の北部サハリン島でのロシアとの共同開発など、年間1,000万トンから撤退しないという東京の公約にもかかわらず、ロシアからの供給の安全性に懸念を抱いています。

広島ガスの山谷隆之氏は、「サハリンからのガス調達が困難な場合は、マレーシアのサプライヤーを雇用して量を増やすか、事前に供給を要求することを検討している」と述べた。 2028年3月までの契約でサハリン2から。

LNGの新しい供給源の探求は、ロシアから輸送されるガスへの大きな依存を減らすことを必死に求めているヨーロッパ諸国に対して、希少な世界的な供給をめぐって日本を競争させるでしょう。

日本企業は、ウクライナへの侵攻をめぐってモスクワとの関係を断ち切るという国際的な圧力の高まりや、東京がすでに課している他の制裁に対するクレムリンの報復によって、ロシアの供給が脅かされる可能性があることを恐れている。

日本は金曜日にロシアの石炭の輸入を禁止し、ロシアのエネルギー一般への依存を減らすためにG7同盟国と合意した政策に従うことを約束した。

日本の地方ガス事業者は、岸田文雄首相の本拠地である広島で使用される年間供給量の半分、東京で約10%を含む、国内最大の都市のいくつかを供給するためにロシアに大きく依存しています。 全体として、ロシアのLNGは日本のガス輸入のほぼ10分の1を占めています。

西日本では、大阪ガスはオーストラリアと米国の供給業者からのガス購入を提供するか、ロシアからの出荷に混乱が生じた場合はスポット市場から購入する予定であると述べた。 同社は、ガス需要の約4%をロシアに依存している日本で3番目に大きな都市である大阪にサービスを提供しています。

ロシアのガスに対する懸念は、2011年に福島第一原子力発電所が崩壊した後、資源の乏しい国がほとんどの原子炉を無効にした後、日本のエネルギー輸入への依存度が高まっていることを強調しています。

サハリン2プロジェクトは、ロシアのガスプロムと石油大手のシェルが、プロジェクトの株式のそれぞれ12.5%と10%を所有する日本の商社である三井物産と三菱と共同で開発しました。 シェルは先月プロジェクトを放棄し、日本の株主に圧力をかけた。

岸田文雄副内閣官房長官の松本晃一郎氏は、「ロシアのエネルギーへの依存を減らす必要性について他のG7諸国と合意した後でも、日本はロシアでのサハリン2プロジェクトと他の2つのエネルギープロジェクトを放棄しないだろう」と述べた。 「」

松本氏は、「撤退について話すときは、誰がそれをバックアップするのかを常に念頭に置く必要がある」と述べ、「特定の起源」の企業が急襲して東京の株式を引き継ぐ可能性があると警告した。 特に他の日本の当局者は、中国企業をロシアの極東における日本の利益に置き換えることについて懸念を表明している。

週2回のニュースレター

エネルギーは世界の不可欠なビジネスであり、エネルギーの源はそのニュースレターです。 毎週火曜日と木曜日に、受信トレイに直接、Source Energyは重要なニュース、先進的な分析、および内部インテリジェンスを提供します。 ここに登録

石油・ガス政策担当の商務省当局者によると、スポット市場での購入でロシアのガスを置き換えるには、少なくとも1兆円の費用がかかるという。 「それはおかしな金額だ。それでも、LNGをめぐる世界的な争いがあるので、いくら払ってもかまわないので、この種の金額を買うことはできない」と当局者は述べた。

日本は、2月の米国大統領ジョー・バイデンからの要請を受けて、供給業者から「契約」した余剰ガスの一部をヨーロッパに移動させていた。

コモディティデータ会社のKplerによると、今年の初め以来、日本企業によってチャーターされた29隻のLNGタンカーが主に米国からヨーロッパの輸入ターミナルに到着しました。 彼らは推定200万トンのLNGをオフロードしました。これは、今年の初め以来、EUのLNG輸入の約6パーセントに相当します。

しかし、日本の主要なガス輸入業者の人々は、いかなる移転も制限されるだろうと言った。

首相官邸の松本首相は、「ロシアのエネルギー輸入には重大なリスクがあることを認識している」と述べた。 しかし、彼は、「国境内で石油やガスを生産できるという贅沢はありません。そのため、エネルギー安全保障は常に私たちの頭の中にあります」と付け加えました。

ロンドンのハリー・デンプシーによる追加報告

READ  ウクライナ危機による潜在的な商品高騰の危機に瀕している日本経済