Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ロシアの抑留者がウクライナからの軍隊の返還を求めて抗議活動ロシア・ウクライナ戦争のニュース

ロシアの抑留者がウクライナからの軍隊の返還を求めて抗議活動ロシア・ウクライナ戦争のニュース

報道によると、ウクライナからの帰還を要求したロシア兵の妻らに抗議してジャーナリストらが一時拘束されたという。

メディア報道によると、ウクライナでの戦闘に動員されたロシア兵の妻や親族らが帰国を要求し、モスクワ中心部での抗議活動中にジャーナリストを中心に約24人が一時拘束された。

兵士の親族は土曜日に集まり、クレムリンの壁の外にある無名戦士の墓に献花した。 2022年9月にロシアのウラジーミル・プーチン大統領が対ウクライナ戦争への最大30万人の予備兵の「部分動員」を命令してから500日を迎える。

召集はあまり人気がなく、一部の予備役兵士の妻や親族は、彼らを除隊させて契約兵に置き換えるよう運動した。

土曜日のデモは運動団体「ザ・ウェイ・ホーム」が主催し、同団体は金曜日にテレグラムに投稿し、ロシア全土から予備兵の「妻、母親、姉妹、子供たち」にモスクワに「デモ」に来るよう呼び掛けた。 [their] 孤独」。

ロシアの独立通信社SOTAvisionが投稿したビデオの中で、報復を恐れてアントニーナという名前だけを明かしたあるデモ参加者の発言が、「私たちは夫たちを生き返らせてほしい」と語っているのが聞こえた。

アントニーナさんは、夫が殺された場合にロシア政府からの補償は望まないと主張し、代わりに「修道院に行くか、夫に従うかのどちらかだ」と述べた。

「無許可」のイベントです。

土曜日のデモは、ザ・ウェイ・ホームが主催する同様の毎週の集会の9回目で最大規模のものだった。 Telegram アプリケーションで人気のあるロシアのニュース チャンネルの 1 つは、デモの参加者数は約 200 人に達すると推定しました。

ロイター通信は、抗議活動中にこの記事を取材していたロイター通信の記者とフランス通信社のビデオジャーナリストを含む約20人が逮捕され釈放されたと報じた。

ロシアでの政治的逮捕を監視する独立系ウェブサイト「OVD-Info」によると、警察は抗議活動中に27人を逮捕したが、そのほとんどがジャーナリストだった。

警察は赤の広場の外でロシア人と外国人の記者グループ(全員男性)を逮捕し、警察署に連行した。

SOTAによると、抗議活動参加者の1人は土曜夕方時点でもまだ拘留されていたものの、大半は後に釈放されたという。

さらに、モスクワ中心部の他の場所でも動員に抗議して多数の人が逮捕されたとOVD-Infoが報じた。

投獄されているクレムリンの敵アレクセイ・ナワリヌイ氏とロシアの野党政治家マクシム・カッツ氏の同盟者らは金曜日、抗議活動への支持を表明し、一方モスクワ検察庁は土曜日早朝、ロシア人に「無許可の大規模イベント」に参加しないよう警告した。

「大いなる悲劇」

国営メディアはロシア人予備兵を帰国させるよう求める妻や親族の呼びかけを無視しており、一部の親クレムリン政治家は彼らを西側の手先のように描こうとしている。 土曜日のデモ参加者はこの非難を怒って拒否した。

夫と弟がウクライナで戦っているマリア・アンドレーエワさんは、ウクライナでの戦闘を「兄弟のような2つの民族の間で起こった大きな悲劇」だと見ているとSOTAvisionに語った。

「ほぼすべてのロシア人は、遠く離れたウクライナに親戚を持っています。ですから…この状況は私たちに核心的な衝撃を与えました。第二次世界大戦後、私たちの祖父たちは死んで、もう誰もいないように思えました。」 [conflict]アンドレーワさんは語った。

土曜日の抗議行動は、プーチン大統領が勝利することが確実な3月に予定されているロシア大統領選挙の数週間前に行われた。

アンドレーワさんらは記念碑に献花した後、プーチン大統領の選挙対策本部を訪れ、プーチン大統領に要求を伝えた。

先月、別のロシア大統領候補がアンドレーワ氏や帰還を求める運動を行っている他の兵士の親族と面会した。 ウクライナ戦争に公然と反対している元地元議員のボリス・ナデジディン氏は、戦闘が続く限り彼らを勢力に留めておくというクレムリンの決定を批判した。

「私たちが欲しいのは [the authorities] 「きちんとしたやり方で義務を果たしている人々を扱いなさい」とナデジディン氏は語った。

READ  ベルギーはパトリス・ルムンバの殺害から61年後に家族に歯を返します| パトリス・ルムンバ