Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ロシアの永久凍土層は溶けており、その下にある古代の秘密が明らかになっています

ロシアの北極圏の永久凍土層の中で溶ける氷は、何千年もの間そこに埋もれていた古代の生命を明らかにしています。

による調査 スカイニュース この地域の広大な炭素貯蔵庫の融解によって引き起こされた環境被害の中で、マンモスの牙の破片とケブカサイの骨の破片が見つかりました。

動物はかつて、絶滅する前に北極の草原を歩き回っていました。サイは約14、000〜15、000年前、マンモスは約10、500年前の最終氷河期の終わりに生息していました。

骨や牙の破片は、シベリア北極圏のチェルスキー近くのドゥヴァニヤーで発見されました。これは、科学者が氷の後退の影響を研究するために集まる国際的な研究基地の本拠地です。

昨年、科学者たちはシベリア東部で保存状態の良いサイの死骸を発見しました。この死骸は何万年もの間凍っていたと考えられています。

ロシア北東部のヤクートのアベスキー地域での永久凍土層の融解が発見の理由でした。そこでは、腸や生殖器の一部を含むサイの軟組織の多くがまだ見えており、小さな鼻の角が目立ちます。多くの場合、それはすぐに劣化するので。

シベリア北東部のチェルスキーの町の外にある湖の空中写真。 気候変動は永久凍土を溶かしている

(ロイター)

雪解けはまた、更新世の時代からの凍結した植物の生命を明らかにします-260万年から11、700年前に伸びた期間。

しかし、ロシアの北極圏の魅力的な博物学についての啓示は、高額な代償を伴います。 気候変動は永久凍土層の融解を引き起こし、大量の溜まったメタンを大気中に放出し、氷をより早く溶かします。

夏は暖かく、冬は短くなるこの地域では、山火事の数が増えています。

シベリア北東部では、記録的な暑さの中、今年の夏に通常よりも大きな火災が発生しました。泥炭が何万年もの間吸収して放出した炭素のため、泥炭火災は地球に特に有害です。

科学者たちは、10月から4月の間に永久凍土層を解凍することで年間17億トンの炭素が放出されると推定しています。

これは以前の推定値のほぼ2倍であり、成長期に吸収された10億トンの炭素をはるかに超えています。

この炭素が豊富な土壌は現在、北半球の土地の24%を覆っており、人間がこれまでに放出したよりも多くの炭素を含んでいます。

2020年3月に発表された研究によると、馬の群れ、バイソン、トナカイなどの動物は、冬に泥炭の上にある雪の層を破壊することで、パーマフロストの喪失を遅らせることができます。

放牧動物のひづめのひづめのおかげで氷床が散乱して圧縮されると、その断熱効果が大幅に低下し、永久凍土の強化につながります。

ハンブルク大学の科学者は、世界中のすべての永久凍土土壌の約80%が、この技術を使用して2100年まで保存できると述べました。

READ  ニュージーランドは、裕福な人々に再び焦点を合わせて、「熟練度の低い」移民を削減します。 ニュージーランド