Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ロシア軍はアヴディウカを包囲し、数カ月にわたる攻撃の後「都市襲撃の準備をしている」

ロシア軍はアヴディウカを包囲し、数カ月にわたる攻撃の後「都市襲撃の準備をしている」

ロシア軍は数カ月間にわたる攻勢の末、ウクライナ東部の町アヴディウカを「全方位」から包囲したが、戦場ではまだ目立った進展は見られていない。

ウラジーミル・プーチン大統領の軍隊は、ドネツク地域のアヴディイウカへの地上および空からの攻撃を強化し、これまでの戦争で最も大きな損失を被ったが、ここ数週間でウクライナ軍の強い反発に直面している。

アヴディーウカ軍事行政長官ヴィタリー・バラバシュ氏はエスプレッソTVに対し、「アヴディーウカ地区の事態はさらに困難になっている。ここしばらくの間、衝突の激しさは増している」と語った。

同氏は、ロシア軍はドネツク方向にある他の2つの地区と、戦闘のほとんどが集中している「いわゆる工業地帯」から攻撃していると付け加えた。

さらに「敵は全方位から市内を襲撃しようとしている」とも付け加えた。

ウクライナ軍はこれに先立ち、モスクワが町周辺の村落にあるウクライナの拠点に対して「150回以上」の攻撃を開始したと発表した。 前日、ウクライナ軍はアヴディーウカ周辺で20回の攻撃を「撃退した」と主張した。

激しい戦闘により旧石炭センターは瓦礫の山と化し、無傷で残っている建物は一つもないと当局者は述べた。 戦前の人口3万2000人のうち、住民はわずか1500人未満しか残らなかった。

ウクライナと西側の軍事アナリストは、ロシアが大きな損失を被ったと述べているが、ロシアの公式軍事通信では同市の戦いについてほとんど言及されていない。

英国国防省は月曜の情報更新で、ロシアは過去6週間の紛争全体で「最大規模の」死傷者を出したと考えられており、その主な原因はアヴディウカでの戦闘であると述べた。

同紙は、11月中のロシア軍の1日当たりの損失が平均931人であることを示すウクライナ軍参謀本部のデータを引用した。

アヴディウカは2014年、ウクライナ東部の広い範囲を占領したロシアの資金提供を受けた分離主義者によって一時的に占領された。

その後、ロシアが支配する地域の中心地ドネツクへの玄関口と見なされていた都市の周囲に要塞が建設され、2022年2月にモスクワが全面侵攻を開始して以来、攻撃に激しく抵抗してきた。

ウクライナは6月に反撃を開始したが、東部と南部の両方でわずかな前進しか得られなかった。 ヴォロディミル・ゼレンスキー大統領は進展が遅いことを認めたが、戦争が「行き詰まり」に達したという示唆を否定した。

READ  野生のサルのライバルギャングがタイでビートアップドライバーと戦う