Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ロボットと見習い:日本の大工仕事の保存

宇都宮、日本-日本の伝統的な大工仕事は繊細な工芸品です。 釘や接着剤を使用する代わりに、ジョイントは完璧なテトリスパズルのようにぴったり合う複雑なデザインにカットされます。

何世紀も前の技術-それは呼ばれています 志口 美しさと機能の両方を提供します。 建物の柱と梁の間の接合部は大きな重量を運び、簡単に損傷する可能性があります。 接触面積を増やすための絡み合いは、ストレスを和らげ、全体的な構造を強化するのに役立ちます。これは、日本のような地震が発生しやすい国で特に重要な考慮事項です。

歴史的に、これらの特別なジョイントは経験豊富な職人によって彫られ、輪郭が描かれていました。 しかし、多くの大工が業界外にいるため、日本の請負業者である清水は、この伝統を今後何年にもわたって維持するためのロボットを開発しています。

清水エスパルスのハイテク戦略には賛否両論があります。 一方では、ロボットがさまざまな方向にカットを行うために、木材を数回再配置する必要があります。 一方、ロボットは、特に曲面に関しては、非常に高い精度と精度を備えています。

清水は、従来の関節パターンを再現するのではなく、ロボットの利点を生かした新しい手法を生み出し、従来の技術を新しい形に変えることを目指しています。

清水は、志口関節の模倣を実現できるロボットを開発しています。 (写真提供:櫻井ジョー)

その革新の1つは、ロボットにとって難しいかもしれないより角張ったエッジではなく、エッジを半円にカットすることによってビームを結び付けることです。

もう1つは、基本的に1つの部品が別の部品に接続できるように木材を成形することです。 従来の志口ジョイントは通常、直線または90度の角度で組み立てられるように設計されています。 しかし、新しい売上高アプローチにより、ビルダーはジョイントをグループ化する際の柔軟性が高まり、狭いスペースでの操作性が向上します。

清水の努力は、木工を扱うことができる人間の職人の深刻な不足の中で来ています。

建設業界は昔の職人と格闘しており、これらの技術を継承するには新しい才能の流入が必要です。 しかし、若者は、困難で、危険で、汚いと認識されている分野に参入することを躊躇しています。 企業は、サポートを提供したり、特定のタスクを処理したりすることで、ビジネス状況を改善するためにロボットで対応しています。

清水ロボットによる志口ジョイントカット:ロボットにより適した新しいスタイルに取り組んでいます。 (写真提供:清水)

志口ロボットの目的は少し異なります。職人の仕事を直接機械化することです。 職人の不足が彼らの発展を後押ししましたが、プロジェクトは単に伝統的な技能を与えるだけでなく、まったく新しい形の大工仕事の開発につながりました。

清水はまた、建設における木材のより広い使用を促進することを目指しています。

建設業は日本の脱炭素化の取り組みにおいて大きな役割を果たしています。 清水氏によると、丸太の建設では、鉄筋コンクリートから1立方メートルあたりの温室効果ガスの発生量は半分未満であり、鉄骨構造の建物の3分の1未満です。 木材には、樹木が成長するときに吸収する二酸化炭素を貯蔵するという利点もあります。

また、コンクリートに比べて木材が軽量であるため、建物の基礎に必要な作業量も削減されます。 しかし、木材自体はより高価であるため、全体的なコストは比較的高いままです。 これを変えるには、木材を使用できる状況を広げ、価格を下げ、好循環を促進する新しい技術が必要になります。

清水は、フルサイズモデルでパワーをテストした後、来年から新しい志口技術の使用を開始することを目指しています。

READ  アメリカは世界経済をリードしています。 それが問題になるのはいつですか?