Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ワラビーズのエディー・ジョーンズ監督が日本の仕事、移籍、将来、Zoomインタビュー、反応、ウェールズ戦を振り返る

ワラビーズのエディー・ジョーンズ監督が日本の仕事、移籍、将来、Zoomインタビュー、反応、ウェールズ戦を振り返る

ワラビーズのコーチとしてのエディー・ジョーンズの将来についての憶測が高まっており、ラグビーワールドカップの開幕前にエディー・ジョーンズが日本のラグビー関係者から秘密裏に面接を受けたと主張されている。

からの報告 シドニー・モーニング・ヘラルド ジョーンズ氏がワラビーズのコーチ職を辞し、代わりに代表チームのヘッドコーチとして日本に戻ることを検討していると日曜日に報じられた。

報告書は、ジョーンズ氏が昨年7月にワールドカップ後に日本代表監督を辞任すると発表したジミー・ジョセフ氏の後任を探すプロセスに「積極的に関与」したと主張している。

Kayo を使用すると、50 以上のスポーツをライブおよびオンデマンドでストリーミングできます。 今すぐ参加してすぐにストリーミングを開始 >

ワラビーズチームがウェールズ戦に向けて変更 | 00:57

報道によると、ジョーンズはその役に応募し、8月25日に日本のラグビー関係者とのオンラインZoom面接に参加したと言われている。

ジョーンズは当時、ワールドカップの強化試合対フランス戦の2日前にワラビーズとともにパリにいたにも関わらずである。

からの報告 ニュースコープ 日曜日には、ジョーンズには「日本に戻るオープンオファー」があるとも主張された。

ヘラルド紙の報道とは反対に、ニューズ・コープは、ジョーンズはワラビーズの再建に「全力で取り組んでいる」ため、日本に戻るつもりは「ない」と主張している。

アシスタントコーチのジェイソン・ライルズは記者団に対し、ジョーンズが去れば「ちょっと驚く」だろうと語った。

「将来に向けての緑の芽はたくさんあるので、そこから離れるのは少し驚くべきことだろう」と彼は言った。

「でも、正直に言うとどうなるか分かりません。選択肢があるのはいいことですね、聞いてみると。」

ジョーンズは2027年にオーストラリアで開催される次の大会までワラビーズと契約する。

エディー・ジョーンズは日本への移籍を検討するかもしれない。 (写真提供:クリス・ハイド/ゲッティイメージズ)出典: ゲッティイメージズ

最新の展開は、ヤフー・ジャパンが今月初めにジョーンズ氏がJRFU関係者と「交渉中」であると主張する報告書を発表した後に生じたものだが、その段階ではジョーンズ氏がその役職に任命される可能性は低いと付け加えた。

反抗的なジョーンズ氏は、当時ワラビーズの広報担当者を通じてシドニー・モーニング・ヘラルド紙に、この報道は「強気のゴシップ」だと語った。

ジョーンズ氏は土曜日に自身の今後について質問されたが、ワールドカップでのオーストラリア代表のこれまでの成績不振を考慮して実際に解任されるかどうかという内容が多かった。

「ワールドカップの終わりには審査が行われるが、これまでの結果を考えると、ラグビーオーストラリアは私を引き留めたくないかもしれない。それが私の仕事の現実であり、私はそれを理解している。」 ジョーンズは言った。

「より良い結果を得るには、時には厳しい決断を下さなければならないこともありますが、日曜日には我々が勝つことに何の疑いもありません。」

屈辱的なミスがフィジーの敗因となった 00:47

ジョーンズ氏は月曜日のウェールズ戦に先立ってメディアにインタビューし、若くて経験の浅いグループをワールドカップに連れて行くという決断は正しかったと主張した。

「友よ、オーストラリアのラグビー界を失望させてしまった。私は与えられた仕事をしていない。状況を好転させるために呼ばれたので、その責任を感じている」と記者団に語った。皮肉のヒント。

ジョーンズ氏は「オーストラリアラグビーのために自分は100パーセント正しいことをしていると信じている。結果については謝罪する」と付け加えた。

「もし届かなかったとしても、それはそれでいい。むしろそこを目指して、そこに届かないほうがいい。そこを目指したい」。

「しかし、私たちはオーストラリアのラグビーに夢をもたらすチームを作ろうとしているのです。平凡なチームになろうとしているわけではありません。」

ジョーンズとワラビーズは、決勝トーナメント前に初のワールドカップ敗退を回避するために、最近のフィジー戦の敗北から立ち直らなければならない。

ベテランのクエイド・クーパーとマイケル・フーパーをワールドカップのメンバーに含めないという決定は、元オーストラリア代表のドリュー・ミッチェルとデビッド・キャンペースから批判にさらされている。

ジョーンズ氏は、日本のヘッドコーチに就任した場合、ディフェンスはそれほど重要ではないが、「オーストラリアラグビーの未来」を担うチームの構築に取り組んでいると改めて強調した。

足の骨折がワラビーズのキャンペーンに打撃 | 00:57

同氏は「これらの選手たちは出場したが、昨期の成績は本来あるべきレベルに達していなかった」と語った。

「我々の成績は悪化しているが、前進するためにはそうしなければならないこともある。我々は高いレベルのトレーニング、高い行動基準、高い期待基準を備えた新しい選手グループを作る必要がある。それが我々がやろうとしていることだ」 」

「待つことが正しい解決策だとは思わない。チームを作り始める必要があるからだ。ワールドカップで優勝するには6年かかると思う。」

「ほとんどのチームを見ると、彼らは一緒にスタートする若い選手のグループだ。おそらく彼らは一緒にU-20ワールドカップで優勝するだろうが、その後1、2年は難しい時期を過ごし、その後成長して成長する」良いチームです。

READ  オリンピック:日本はCOVID-19の緊急事態を緩和し、ゲームの観客に焦点を当てる