Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ワルツはミネソタへの投資を検討している日本企業と会う

木曜日、ティム・ワルツ知事は、ミネソタ州に事務所や施設を開設することを検討している約12の日本企業の代表者と会談しました。

政府当局者によると、日本はミネソタ州のほぼ100か所ですでに40以上の日本企業が事業を行っており、州で3番目に大きな外国人投資家です。

訪問企業は、日本貿易振興機構(JETRO)が組織し、日本の投資をグローバルに推進するために活動している代表団の一部でした。

特定の訪問企業の名前は明らかにされていないが、ミネソタ州の医療ビジネス経済が、医療業界団体の代表者が会議に出席したことから、宝くじの一部であることは明らかである。

ミネソタ州雇用経済開発局(DEED)のコミッショナーであるスティーブグローブは述べた。

「これは事業開発の一部だ」とグローブ氏は語った。 「今は私たちの経済において競争の激しい時期です。私たちは拡大と成長のために他の国々と歯と爪を戦っています。」

グローブ氏は、代表団はツインシティーズのミネソタ大学とロチェスターのメイヨークリニックも訪問すると述べた。

木曜日の会議は、日本の武田薬品工業のブルックリンパーク施設で開催されました。

武田薬品は、2015年にブルックリンパークの施設を買収し、米国で最初の工場として機能しました。 武田薬品はミネソタ州に800人の従業員を擁しており、その中には州全体の血漿寄付センターが含まれています。 360人近くの従業員がブルックリンパーク工場で働いています。 タケダ製品には、血漿由来の治療法が含まれます。

「医療機器とバイオテクノロジーは私たちが持っている主要なものの1つです」とWalzは州の経済について述べました。

Walz氏は、東京を拠点とする別の日本企業であるTobanPrintingが最近ミネソタ州に進出したことを指摘しました。 Specialized Printerは、昨年、Sartell施設の600万ドルの拡張を完了しました。

READ  ベトナムの花が日本市場に足場を築く| 仕事