Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ワールドカップ1500mで高木美穂が優勝

日本のスピード スケート選手、高木美穂が土曜日に開催された第 3 回ワールド カップ イベントで女子 1,500 メートルで優勝しました。

高木は19回目のワールドカップレースで優勝し、カルガリーオリンピックオーバルで15回目の1,500を1分52.54秒で記録し、カザフスタンの次点ナデジダモロゾワを0.28秒差で破った. オランダのアントワネット・ライプマ・デ・ヨングは、0.11 差の 3 位でした。

12月 2022 年 10 月 10 日、カナダのカルガリーで開催されたワールド カップ スピード スケート選手権で、日本の高木美穂が女子 1,500 メートルで競います。 (京都)

28 歳の高木は、2 月の北京オリンピックで 4 つのメダル、1,000 の金メダル、1,500 の 1 つを含む 3 つの銀メダルを獲得した前のシーズンをさらに発展させようとします。

男子500mでは、日本の新浜達也が34.18秒で2位につけ、カナダのローラン・デュブレイユに0.17秒差をつけた。

韓国のキム・ジュンホは 34.19 秒で 3 位、日本の村上祐馬は 4 位に迫った。

女子団体追い抜きでは、北京五輪王者のカナダが日本を破って表彰台のトップに上がり、3位のアメリカが続いた。

2022 年 12 月 10 日、カナダのカルガリーで開催されたワールドカップで、カザフスタンのナデジダ モロゾワ選手(左)とアントワネット リジマ デ ヨング選手と共に女子 1,500 メートルで優勝し、表彰台に立つ日本のスピード スケート選手高木美穂選手(中央)。 オランダはそれぞれ 2 位と 3 位でした。 (京都)

READ  NBAの日本復帰はパンデミックのターニングポイント