Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

三井住友銀行がFICCの株式74.9%を20億ドルで買収

日本の三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)は、フラトンインディアクレジットカンパニーリミテッド(FICC)の74.9%の株式を購入することに合意し、ノンバンクの貸付分野での取引数が増加しています。 住友商事はFullertonFinancial Holdings PteLtdから株式を購入します。 シンガポールの会社Temasekが所有しています。

規制当局の承認が必要なこの取引は、日本の銀行が中小企業向けのリテールおよびビジネスローンのインド市場に参入することを意味します。

住友とフラートン・ファイナンシャルの声明によると、住友は最終的にフラートン・インディアの100%を購入する計画です。 両社は、住友が追加の25%の株式を購入するための時間枠を与えなかった。

両社は取引の金銭的詳細を明らかにしなかった。 この取引に精通している誰かがそれを20億ドルに結び付け、インドのノンバンク貸付セクターで最大の1つになりました。

「インドは、高い成長の可能性を信じ、より深いプレゼンスを構築したいと考えている市場の1つです。長期投資家として、FICCプラットフォームの本質的な強みは、複数の製品、流通に焦点を当てていると信じています。インド全土で、そして堅固な経営により、包括的な金融サービスの提供を構築することができます。インドでは」と社長兼グループ会長のジョン・オタは述べています。 SMFGエグゼクティブ。

SMFGは日本最大級の金融サービスグル​​ープであり、さまざまなサービスを提供しています。 私たちは、日本市場での専門知識と、主要なアジアの新興市場全体でのフランチャイズ能力を活用する予定です。

READ  JR危険地帯:土砂崩れの危険がある1,900kmの線路