Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

三菱重工業はCOVIDからの回復を試みることで利益を上げます

三菱重工業は、日本の産業グループがコロナウイルスによる航空危機からの回復を目指しているため、4月から6月の第1四半期に黒字に戻ったと語った。

日本初の商用航空機プログラムの開発者であり、ボーイングとエアバスの下請け業者である三菱重工業は、コロナウイルス危機の中で最も打撃を受けた日本のメーカーの1つです。 10月、同社はSpaceJet民間航空機プログラムを凍結することを決定しました。

同社は現在、低迷から抜け出すためにコアエネルギー事業に目を向けています。 三菱重工業は、ゼネラルエレクトリックおよびシーメンスとともに大手ガスタービンメーカーです。

3ヶ月間の営業残高は、売上高が9.5%増の8,517億円となり、昨年の713億円の損失から214億円(1億9,500万ドル)の利益となった。 東京を拠点とする同社は、3月期の営業利益を3倍近くの1,500億円と見込んでいる。

10月に発表された三者事業計画では、2020年度の1.5%から2023年度の営業利益率を7%に引き上げることを求めている。 SpaceJetの開発と事業の買収。ボンバルディアからの航空機のメンテナンスと修理。

三菱重工業は、世界が石炭とガスからシフトするにつれて、水素とアンモニアの需要が火力発電の新しい燃料として今後数年間で成長すると確信しています。 水素と窒素の化合物である水素とアンモニアは、燃焼時に保温性のある二酸化炭素を生成しません。

水素エネルギーを実現するには、生産から流通までの供給ネットワークのインフラストラクチャを開発する必要があります。

三菱重工業が検討しているその他の新しい事業分野には、次のものがあります。電力需給管理のための人工知能。 炭素回収技術; 水素ベースの鉄鋼業。 およびコールドチェーン監視システム。

ターボチャージャーやコンプレッサーなどの従来型事業も、世界経済の回復に伴い回復すると見込まれます。 ターボチャージャーは自動車に広く使用されていますが、コンプレッサーはエアコンや冷蔵庫に欠かせないコンポーネントです。

コストの削減は、依然として利益成長の主要な推進力です。 SpaceJetの労働力を10分の1未満に削減した後、三菱重工業は今年、軍艦に焦点を当てて造船事業を再構築し、オートギアユニットをエンジンメーカーの日本電産に売却しました。

READ  連邦準備制度理事会の支援とバイデンの刺激策のおかげで、アジア株は上昇を拡大