Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

三菱重工業株式会社グローバルサイト | 三菱造船、液化二酸化炭素輸送実証試験船の命名・引き渡し式を下関で開催 –

三菱重工業株式会社グローバルサイト | 三菱造船、液化二酸化炭素輸送実証試験船の命名・引き渡し式を下関で開催 –

液化炭酸ガス実験試験器「EXCOOL」2 移行

2023年11月28日、東京 – 三菱重工業(MHI)のグループ会社で横浜に本社を置く三菱造船株式会社は、本日、液化二酸化炭素(LCO)輸送用実証試験船の命名式および引き渡し式を挙行しました。2)。 本船は「CCS研究開発事業及びCCS実証事業/苫小牧における大規模CCS実証/CO2実証事業」に使用されます。2 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が実施する「交通」(実証事業)。 式典は、船主である山洋汽船の立会いの下、三菱重工下関造船所江ノ良工場(山口県)で行われた。 Ltd.およびその他の関係者。

カーボンニュートラル社会を実現する有効な手段として、炭素回収・利用・貯留(CCUS)が注目を集めています。 二酸化炭素の発生源なので、2 排出量は炭素の使用または貯蔵のために選ばれた場所から遠く離れていることが多く、LCO の需要は増加すると予想されます2 タンカーはこれらの商品を安全かつ経済的に輸送できます。 三菱重工グループは、LNG船(LPG・LNG両タイプ)の建造で培った専門知識と高度なガス処理技術を活用し、貨物格納システムを含む船全体の設計・建造を担当しました。

「EXCOOL」と名付けられたこの船は、NEDOプロジェクトの実施に携わる日本ガスライン株式会社が傭船し、二酸化炭素を通じた運航データの収集・分析を行う予定です。2 輸送実証実験。 なお、川崎汽船株式会社に委託いたします。 NEDOパイロットプロジェクトの受益者の一つである一般財団法人工学振興協会(ENAA)より、LCOの安全性評価の委託先として、株式会社ケイラインとお茶の水女子大学が任命されました2 輸送業務および船舶のLCOの研究開発2 圧力制御と安定性、安全・低コストのCO2技術の開発・実証2 移行。

三菱重工グループは、エネルギー転換に向けた事業強化を戦略的に推進しています。 三菱造船は、成長戦略「MARINE FUTURE STREAM」において、再生可能エネルギーと炭素循環による海事経済の脱炭素化と、自律化・電動化による安全・安心な社会の実現をビジョンに掲げ、海関連のイノベーションに初めて取り組み、アイデアを生み出し、それを実現することに取り組んでいます。 その一環として、三菱造船はLCOの事業化に積極的に取り組んでまいります。2 ハンドリングシステムズは船舶システムのインテグレーターとして脱炭素化の実現を目指しています。

洗礼式・引き渡し式 EXCOOL2

洗礼式と引渡式

LCO2 船舶ビデオコンセプトイメージ

READ  Matthew Thompson が Kofax のアジア太平洋および日本事業担当シニア バイス プレジデントに任命されました。