Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

三菱鉛筆はドイツのラミーペンメーカーを買収するつもりだ。 日本企業は海外展開を加速しようとしている

三菱鉛筆はドイツのラミーペンメーカーを買収するつもりだ。 日本企業は海外展開を加速しようとしている

DKSH日本市場拡大サービス提供
ラミーの筆記具

三菱鉛筆株式会社が発表日本企業は、ラミーペンブランドの所有者であるC.ジョセフ・ラミーGmbHの株式の100%を購入すると発表した。

現在創業家が所有するドイツ企業の全株式は、3月15日に譲渡される予定だ。

三菱鉛筆は買収を通じて海外市場への展開を加速する狙い。 買収の金銭的価値は明らかにされていない。

ラミーは1930年に創業し、数千円以上の中価格帯のペンや万年筆を欧米を中心に製造・販売しています。 2023年12月期の売上高は約7600万ユーロ(約123億円)となった。

三菱鉛筆は低価格の筆記具に注力しており、万年筆は販売していません。 少子化で日本市場の成長が見込めないことから、ラミーの販売網と技術を買収し、商品ラインアップを強化することにした。

同社は筆記具の海外売上高を年間約400億円から2036年までに700億円に増やす目標を掲げている。

READ  日本は半導体産業への首長国投資を求める