Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

上映作品: Perspectives Film Festival、日本映画祭、Triangle of Grief

1983 年に始まった、シンガポールで最も古いカントリー フィルム フェスティバルの 1 つが帰ってきました。 2 年間のハイブリッド パフォーマンスの後、今年はこのシネマのみのイベントに戻ります。 このフェスティバルは、日本クリエイティビティ センター、在シンガポール日本国大使館、国際交流基金が、シンガポール映画協会と協力して主催しています。

31タイトルのうち、大友克洋の先駆的なSF作品『AKIRA』(1988年、NC16、124分、月曜上映、午後5時ピクチャーハウス)。

公開以来、犯罪が多発するニュー東京を舞台にした超能力を持つ少年の物語は、世代を超えて映画製作者に影響を与えてきましたが、それ以来、それを見る魔法のような説得力のあるアニメーション作品はありません。

芸能山城紙の見事なスコアは、シネマティック サウンド システムで聞く必要があります。

どこ: Shaw Lido Theatres の 5 階と 6 階; Shaw House, 350 Orchard Road; プロジェクター X: ピクチャーハウス、05-01、2 Handy Road; およびオールダム劇場、1 Canning Rise
MRT: オーチャードとズビ・ゴート
いつ: 11月5日まで、時期により異なります
入場料: 特典付きで $10 から
情報: ご予約・お問い合わせはこちら jff.sg

悲しみの三角形 (NC16)

147分、The Projectorでの独占ショー、4つ星

READ  Womadは、外部のビジネスがなくても国際的な雰囲気を約束します