Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

上田日銀新総裁、賃金と世界経済を楽観視

上田日銀新総裁、賃金と世界経済を楽観視

  • 日銀は世界的な景気減速を予想しているが、深刻な景気後退は予想していない – 上田
  • 日本の賃金は上昇し続ける可能性が高い – 上田
  • 上田氏は、G20が非常に緩和的な政策に固執するよう日銀に要請したと述べた
  • 上田氏は4月27日から28日まで、日銀の第1回政策会議を主宰

[ワシントン 23日 ロイター] – 日銀の植田一夫総裁は、世界経済が減速期から回復し、国内賃金が高く維持され、日銀の楽観的な経済見通しが維持されるとの見方を示した。

しかし上田氏はG20のカウンターパートに対し、中央銀行は金融政策を非常に緩く保つつもりであると語った.

「日銀の見通しはすでに世界経済の減速の可能性を考慮している。しかし、彼らはベースライン予測として深刻な世界的不況を見ていない」と植田氏は木曜日の記者会見でG20金融リーダーに出席した後に語った。 ワシントンで会議。

「私たちの基本的なシナリオは、世界経済の成長が減速期から回復するというものであるため、日本の賃金は上昇し続ける可能性が高い」と彼は述べた。

このコメントは、国際通貨基金が火曜日に2023年の世界成長予測を引き下げ、深刻な金融システムの混乱の発生により、生産が停滞に近いレベルにまで低下する可能性があると警告した後に出されました。

上田氏は、初の国際会議は実りあるものであり、海外の多くのカウンターパートと会う機会を得たと述べ、彼らとの個人的な信頼を深めることは、世界経済の問題について率直な議論を行うために不可欠であると付け加えた.

上田氏は日曜日に就任し、10年にわたる大統領職で大規模な金融刺激策を使用した黒田晴彦氏の後任となり、現在、債券市場を歪め、金融機関の利益を枯渇させているとして批判を集めている.

市場は黒田氏の刺激策をすぐにやめるだろうという憶測でいっぱいだったが、上田氏は、賃金とインフレの恒久的な上昇が予想されるまで、非常に緩い政策を維持する必要があると常に強調した。

市場は、4月27日から28日にかけて上田氏が議長を務める日本銀行の最初の政策会議に注目しています。

上田氏は4月の政策決定会合の見通しについて、「就任してまだ1週間で、出張中。戻ってからじっくり考えたい」と語った。

(ライカ・キハラによる報告) シュリ・ナバラトナムによる編集

私たちの基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  日本は安倍政権下でのインドへの外国直接投資の10分の1以上を占めた