Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

不動産サービス金融サービスニュース

日本を拠点とする相沢アセットマネジメント(AAM)は、AAMの新しいケイマンファンド有明二次ファンドIII LP(ASF-III)に財務管理および規制サービスを提供するためにApexグループを選択しました。

Apexは、2015年からAAMのAriake Secondary FundILPとAriakeSecondaryFundIILPにサービスを提供しています。

AAMは、2022年4月に第3層の戦略的ファンドであるASF-IIIの最初の決定を完了し、投資家をその初期の最終段階に引き付けました。

ケイマン諸島-居住者のASF-IIIは、流動性の低い購入ファンドやベンチャーキャピタルファンドなどのプライベートエクイティファンドに対して限定的な株主利益を受け取ります。

これらのファンドは国内外にあり、日本の地元投資家が所有しています。

この注文は、二次プライベートエクイティ投資を専門とする独立したマネージャーであるBee Alternatives Limitedとの2021年の任務を含む、日本企業とのApexの継続的なパートナーシップに続くものです。

アペックスグループの清水裕子事業開発部長は、次のように述べています。 この最近の会議は、これらの戦略が高度に成熟し、地域の流通や専門知識と一致する市場からグローバルな経験を引き出す能力の証です。

Izawa Asset ManagementのCEOである宮田忍は次のように述べています。「Apexは経験豊富なグローバルエグゼクティブであり、彼らのグローバルチームの質に感銘を受けています。 Apexは、日本のリレーションズディレクターを通じて印象的なフォローアップを示しており、セカンダリーファイナンシャルビジネスに優れた経営サポートを提供するために必要なコミットメントと経験を示しており、今後も協力していくことを楽しみにしています。

READ  日本は米国に従い、幼児に予防接種をするべきですか?