Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

世界の「電子電力」ランキングの最下位にあるハイテク日本:調査

東京—情報通信技術のパイオニアおよびイノベーターとして数十年にわたって知られているにもかかわらず、国際的なシンクタンクの調査によると、日本のサイバー機能は、データ収集に対する憲法上の制限により、同規模の国よりもランクが低くなっています。

ロンドンに本拠を置く国際戦略研究所によって発行されたこの研究には、3つのレベルの15の主要国が含まれています。 米国はトップレベルに単独で位置していますが、日本は中国とロシアの下のボトムレベルにグループ化されています。

報告書は、ニュージーランド、米国、英国、カナダ、オーストラリアの間で形成されたファイブアイズの情報共有同盟との日本の関係に対するサイバー能力の格差の影響を概説しています。

月曜日に発表された報告書は、日本は「ファイブアイズ諸国の同盟国であるが、その巨大な経済力にもかかわらず、サイバースペースのセキュリティの側面では能力が低い」と述べた。

この調査では、戦略、ガバナンス、サイバーインテリジェンスの収集、サイバー攻撃機能などのカテゴリに関して、各「サイバーフォース」の強みを検証しています。

「2020年までに、米国とオーストラリアに一部牽引されて、日本は中国と北朝鮮に対する懸念の高まりにより、より強固なサイバースタンスに移行した」と報告書は述べた。

しかし、「日本は、いくつかの専用電子ユニットの作成を含め、軍隊にささやかな組織変更を加えたものの、サイバースペースに関連する公式の電子軍事戦略や軍事教義をまだ持っていない」と報告書は述べた。

国際戦略研究所は、サイバースペースでのインテリジェンス収集のトピックについて、日本はサイバー状況認識とインテリジェンス機能の開発を米国に大きく依存していると述べています。

「日本の諜報機関は、同じ規模の他の国に比べて小さく、資金が不足している」と報告書は述べた。

この調査は、日本国憲法の第21条を、国の限られた電子情報収集能力の主な理由として提起している。 この記事は、集会、表現、報道の自由を保証するだけでなく、「あらゆるコミュニケーション手段の機密性」に違反することも禁じています。

報告書は、「日本国憲法第21条は、政府が情報を収集し、サイバー偵察を実施できる範囲を厳しく制限している」と述べている。

この調査では、日本の攻撃的なサイバー機能を「後方」と表現しています。 国がこの分野で十分な能力を持っているためには、「これは自衛隊法の改正を必要とするでしょう」。 報告書は言った。

日本の民間部門では、「サイバースペースでの防御は特に強力ではなく、多くの企業がそれらを強化するためのコストを負担することを望まない」と述べた。

記者会見では、加藤勝信官房長官がIISSの報告について、「次のサイバーセキュリティ戦略の策定に向けた参考資料として活用する」と述べた。

拓殖大学文京大学グローバル研究所教授・副学長の佐藤肥吾氏は、「サイバー犯罪を自衛隊の義務として位置づけ、適切な人材を投入する必要がある」と述べた。

READ  「私は私の人生でこれほど病気を感じたことがありません」:患者が他の人に注射を受けるように促しているときのCovid病棟内