Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

世界の株式は上昇し、投資家が支出データを比較検討するにつれてドルは下落し、インフレ懸念

  • グローバル市場はより安定しています
  • 中国経済は第2四半期に急激に減速しました
  • 米国の利回り、連邦準備制度理事会の声明の後にドルは下落した

(ロイター)-金曜日に世界の株式が急騰したが、投資家が今月の連邦準備制度による大幅な利上げの期待を縮小し、米国の支出データが期待を上回ったため、ドルは下落し、石油は上昇した。

今週、カナダ、ニュージーランド、チリ、韓国、フィリピンで急激な利上げが見られ、中央銀行がインフレの加速に対抗するためにスクランブルをかけているため、投資家は依然として世界経済が不況に向かっているという懸念に直面しています。 多くの人々はまた、イタリアの政治危機の緩和にも同意しています。

金曜日の経済減速への懸念は、COVIDパンデミックが発生した2020年初頭を除いて、第2四半期の年間成長率が0.4%で、少なくとも1992年以来最悪であったことを示す中国のデータによって引き起こされました。 続きを読む

今すぐ登録して、Reuters.comへの無制限の無料アクセスを取得してください

データは、広範囲にわたるCOVIDの封鎖による大規模な打撃を反映しています。 中国株は1.7%下落し、日本の以前のアジア指数を2年ぶりの安値(.CSI300)(.MIAPJ0000PUS)に引き下げました。

他の場所の投資家は明るい面を見てきました。

のシニア投資アナリストであるサム・ストーバルは、次のように述べています。 CFRA。

UBSのストラテジスト、ローハン・カンナ氏は木曜日、クリストファー・ウォーラー連銀とセントルイス連銀のジェームズ・ブラード総裁のコメントに言及し、一部の人が予想していた100ベーシスポイントではなく、75ベーシスポイントの利上げを支持した。金曜日の取引のため。 ポラードとウォーラーはどちらも政治的なタカです。

一方、イタリア大統領はマリオ・ドラギ首相の辞任を拒否し、同盟の運命は依然として均衡しているものの、政府は即座に崩壊した。 続きを読む

STOXX All-European 600 Index(.STOXX)は1.79%上昇し、MSCI Measure of Stocks Worldwide(.MIWD00000PUS)は1.46%上昇しています。 ウォール街の主要指数は、明るい小売売上高データが景気減速の懸念を和らげたため、より高く取引されましたが、シティグループの株式は四半期決算後に上昇しました。

しかし、トレーダーは、これまでのところ失望している第2四半期の企業収益によって一般的に圧力をかけられる可能性があります。

金曜日にいくつかのヨーロッパの企業が低調な結果を報告しましたが、米国の銀行ウェルズファーゴは利益の減少を報告し、不良債権をカバーするためにより多くの資金が割り当てられました。 続きを読む

木曜日のJPモルガンチェースとモルガンスタンレー(MS.N)は、比較的弱い結果を報告しました。 続きを読む

ダウ工業株30種平均(.DJI)は1.85%上昇し、S&P 500(.SPX)は1.61%上昇して3851.41になり、ナスダック総合指数(.IXIC)は1.41%上昇しました。

設定を繰り返す

弱い成長により、市場は利上げの期待を下げることを余儀なくされました。 欧州がエネルギー供給危機に直面している中、トレーダーは年末までに欧州中央銀行の引き締め政策への賭けを後退させています。

米国市場は2023年3月以降金利の引き下げを開始しました。

フィディリティ・インターナショナルのマクロ経済学のグローバル責任者であるサルマン・アーメドは述べた。

財務省の利回りはカーブ全体で2〜3ベーシスポイント下落しましたが、2年債の利回りは10年のスライドを上回り、しばしば景気後退の前兆となるカーブの逆転を示しました。

10年間の財務省の利回りは3.1ベーシスポイント低下して2.928%になりました。 2年間の米国債利回りは、通常は金利予想に沿ったものであり、1.3ベーシスポイント下落して3.133%でした。

欧州では、ドイツの10年債利回りは11ベーシスポイント低下して1.071%となり、5月31日以来の最低水準となりました。 イタリアの借入コストは、ドイツの利回りプレミアムが1か月近く高いままであったにもかかわらず、木曜日に20ベーシスポイント上昇した後、緩和されました。

連邦準備制度当局者からのコメントは、ドルインデックスを20年で最高レベルから押し上げました。

ドル指数は0.451%下落し、ユーロは0.59%上昇して1.0075ドルになりました。 単一通貨は、20年ぶりにドルに対して同等に達した後、今週1%以上下落しました。

円は0.2%上昇して138.8となり、1998年に最後に打撃を受けた1ドルあたり約140円の安値から後退した。

成長への懸念は商品に重くのしかかり、銅価格は2年以上で最悪の週次損失に向かっており、米国原油は最近1.79%上昇して1バレル97.49ドルになり、ブレント原油は当日1.97%上昇して101.05ドルでした。

今すぐ登録して、Reuters.comへの無制限の無料アクセスを取得してください

シンガポールのTomWestbrookとロンドンのYorkBahceliによる追加レポート、Mark Potter、Chizu Nomiyama、William Maclean、LeslieAdlerによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  民間航空機による二酸化炭素フラクションの長期モニタリングと都市排出インベントリーを検証するためのその応用|文献情報|J-GLOBAL科学技術総合リンクセンターイベント