Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

世界は一世紀で最大の法人税協定に署名します

130か国以上が、多国籍企業から年間1,500億ドルを追加で持ち込みながら、タックスヘイブンを排除することを目的とした法人税改革に関する画期的なグローバル契約に署名しました。

バイデン政権が米国での協定を批准しようとしている間、136カ国はグーグルやアマゾンのような技術グループへの新しい税金の2年間の禁止にも同意した。

この協定(経済協力開発機構によって規制された1世紀以上で最大の法人税改革)には、15%の最低実効グローバル法人税率と、世界の多国籍企業に宣言を強制する新しい規則が含まれています。彼らがそれをしている国で利益を上げ、より多く支払う。 仕事。

交渉に近い国々によると、金曜日に署名を希望する国の数は変動し、インドは土壇場で合意し、中国とブラジルも署名に消極的でした。 スリランカ、パキスタン、ナイジェリア、ケニアだけが生き残った。

取引の実施の難しさは、米国財務長官のジャネット・イエレンが議会に、法案が単純過半数で上院を通過することを可能にする、いわゆる和解プロセスを使用して「迅速に」提案を制定するよう促したときに明らかになりました。 彼女は、この合意は「経済外交にとって一世代に一度の成果」であると述べた。

米国や、シリコンバレーのテクノロジーグループにデジタルサービスに課税しているインドのような国々にとっては、依然として大きなリスクがあります。 議会が取引の実施に失敗した場合、これらの国々はデジタル税を進め、米国との貿易紛争を引き起こす可能性があります。

ただし、この取引により、米国は「2021年10月8日現在、2年間、新しいデジタルサービス税またはその他の同様の関連措置はどの企業にも課されない」と明記して、協定を批准する余地があります。

この合意は、長年にわたる複雑な交渉を通じて法人税の回避を減らすことを目指してきた経済協力開発機構の勝利を表しています。 事務局長のマティアス・コーマン氏は、この取引により国際法人税制度が「より公平でより機能的になる」と述べた。

しかし、彼は協定を実行することの難しさを認め、「この大規模な改革の効果的な実施を確実にするために迅速かつ真剣に取り組む」よう各国に促した。

この取引により、最大の多国籍企業の利益を共有する詳細が最終決定され、ビジネスを行う場所を問わず、より多くの税金を支払うようになりました。 売上高が200億ユーロを超える企業は、売上高に基づいて、利益の25%を10%のマージンを超えて事業を行っている国に割り当てる必要があります。 10%の利益率は、税引前利益に基づいて、平均化メカニズムを使用して計算されます。

発展途上国は、利益と税の権利のより公平な分配から得ることができる収入の不足について不平を言っています。 彼らは、これはデジタルサービス税の廃止によって悪化したと指摘しました。これは、ナイジェリアとケニアが利益を得るとの見積もりにもかかわらず、取引を破ったものでした。

取引の他の分野には、すべてのG20および欧州連合諸国が15%の最低法人税率に署名することを可能にする譲歩が含まれていました。

アイルランドは、バイデン政権によって最初に議論された元の21%とは対照的に、「少なくとも15%」と述べた取引の元の文言ではなく、15%の最大税の要求に成功しました。

ハンガリーは、「材料ベースの源泉徴収」の移行期間を長くし、自動車工場などの管轄区域への有形投資に対して10年間低い税率を提供できるようにしました。

中国はまた、成長を続ける国内企業がこの措置によって一掃されるのではないかという懸念から、国際的に拡大し始めている企業に対する世界最低税の影響を制限する条項を含めることに成功しました。

READ  グアンタナモ湾:対テロ戦争が衰退する中、世界で最も悪名高い拘置所の内部