Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

世界は日本の核汚染水処理計画を心配している、とトルコの専門家が語る – 新華社

世界は日本の核汚染水処理計画を心配している、とトルコの専門家が語る – 新華社

人々は、2021 年 4 月 13 日に日本の首都東京で、福島県からの汚染された放射性廃水を海に投棄するという日本政府の決定に反対して結集した。

「日本や周囲の環境に害を及ぼすだけでなく、全世界を悩ませている問題です。」

イスタンブール、3 月 5 日 (新華社通信) — 日本政府が福島の核汚染廃水を海に放出すると発表したことは、世界的な懸念を引き起こしている、とアジア太平洋地域のトルコの専門家は最近述べた。

「これは日本や周辺の環境だけに害を及ぼすものではなく、全世界を悩ませているものです」と、アンカラ大学のアジア太平洋研究応用研究センターのディレクター、マータン・ダンダー氏は新華社に語った。

日本政府は今年1月、機能不全に陥った福島第一原子力発電所からの放射性廃水をこの春か夏に太平洋に放出すると発表した。

汚染された物質の流出は、しばしば漁業や海洋生物に影響を与える、と学者は述べた。

人々は、2021 年 4 月 13 日に日本の首都東京で、福島県からの汚染された放射性廃水を海に投棄するという日本政府の決定に反対して結集した。 (新華社/杜小義)

「グローバル化した世界では、人々は大西洋と太平洋で獲れた魚を食べています。これは人類全体に問題を引き起こしているようです」と彼は付け加えました。

一部の専門家は、高度な液体処理システムによって水が浄化されると述べていますが、ダンダー氏は、水素の放射性同位体であるトリチウムなど、福島廃水中の物質の一部が容易に崩壊する可能性があることを懸念しています。

国際原子力機関(IAEA)は、日本の処分計画を検討するため、1月に技術タスクフォースを日本に派遣し、3か月以内に報告書を提出する予定です。 しかし、日本政府は IAEA の技術作業部会の訪問を前に一方的に処分計画を発表した。

人々は、2021 年 4 月 13 日に日本の首都東京で、福島県からの汚染された放射性廃水を海に投棄するという日本政府の決定に反対して結集した。 (新華社/杜小義)

「このような無謀な行動は、日本が IAEA とその技術作業部会の権限を尊重しているかどうかについて疑問を投げかけています。評価の結果に関係なく、日本は一方的な撤退計画を継続することを決意していますか?」 中国外務省報道官は先月、こう語った。

日本政府によると、ダンダー氏は処分プロセスの期間について懸念を表明し、これには最大30年かかる可能性がある.

「したがって、2年ですべての水が排出されるわけではありません。30年から40年かけて徐々にこの海に放出されるでしょう」とダンダー氏は語った。 「率直に心配していると言わざるを得ない」

彼はすべての国に対し、福島の核汚染廃水を処分する日本政府の計画に関与するよう呼びかけ、人々の懸念を和らげた。

「担当するのは機関だけではありませんが、さまざまな国のNGOや科学者がこのプロセスに関与し、この行動の前に私たちを説得し、すべての質問にできるだけ明確に答える必要があります.

READ  民進党の頼氏、中国の脅威の中、日本との防衛協力を監督