Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

世界保健機関の報告書は、世界のがん症例数は2050年までに77%増加すると推定しています。

世界保健機関の報告書は、世界のがん症例数は2050年までに77%増加すると推定しています。

ファブリス・コフリーニ/AFP/ゲッティイメージズ

世界保健機関の国際がん研究機関からの新しいデータは、2050 年までにがんの数が大幅に増加すると予測しています。



CNN

世界保健機関の新たな推計によると、世界のがん診断数は2050年には3,500万人に達すると予想されており、これは2022年のがん診断数2,000万人から77%増加する。

データ世界保健機関の国際がん研究機関が金曜日に発表したこの報告書は、185カ国と36の形態のがんを対象としている。 研究者らは、2022年に世界で最も一般的ながんは肺がんで、症例数は250万件、全体の12.4%を占め、乳がん、結腸直腸がん、前立腺がん、胃がんが続いたことが判明した。 肺がんによる死亡も最も多く、がんによる死亡者数は 180 万人、全体の約 19% でした。

同庁はまた、先進国間でがんの負担が不平等であることも指摘している。 たとえば、人間開発指数(健康、教育、生活水準の達成度の尺度)が非常に高い国では、女性の12人に1人が乳がんと診断され、71人に1人が乳がんにより死亡します。 人間開発指数が低い国では、乳がんと診断される女性はわずか 27 人に 1 人ですが、主に診断が遅れて治療を受けられないことが原因で、48 人に 1 人が乳がんにより死亡します。

放射線療法や幹細胞移植などのがん治療サービスでも不平等が見られている。

「世界保健機関による新たな世界調査は、世界中で重大な不平等とがん対策のための財政的保護の欠如を浮き彫りにしており、特に低所得国の人々は基本的ながん治療にアクセスできていない」とベンティ医師は述べた。 . ミケルセン、世界保健機関がん対策部長。 プレスリリースによると、非伝染性疾患。 「WHOは、がんへの取り組みを含め、75以上の政府と幅広く協力し、すべての人のためのがん治療を推進するための政策を策定し、資金を提供し、実施しています。この取り組みを拡大するには、がん転帰における世界的な格差に対処するため、多額の投資が緊急に必要です。」

研究者らは、大気汚染などの環境要因だけでなく、肥満、タバコの使用、アルコールの使用など、がん発生率の予想される増加につながるいくつかの要因を指摘しています。

研究によると、米国ではがんで死亡する人の数は減少し続けているが、特定の形態の病気の罹患率は上昇している レポート この論文は先月、米国癌協会によって発表された。

1991 年から 2021 年にかけて、米国における癌による死亡は 33% 減少しました。これは主にタバコ使用の減少、早期発見、治療の大幅な改善によるものです。 しかし、人種間の格差は依然として存在しており、有色人種はより大きなリスクに直面しています。

毎週の CNN Health ニュースレターを入手する

米国癌協会の報告書は、癌患者も若年化していることを示しています。 たとえば、55歳未満の成人における結腸直腸がんの診断率は、1995年の11%から2019年には20%に上昇したことが、以前の研究で判明した。

ジョー・バイデン大統領はがんとの闘いを政権の重要な部分に据えている がんムーンショットの取り組み 米国におけるがんによる死亡を25年以内に半減させることを目指している。 NASAや環境保護庁などの機関が保健福祉省や退役軍人省とともにこの取り組みに参加している。

「がんの早期発見、治療、がん患者のケアは進歩していますが、がん治療の成果には世界の高所得地域と低所得地域の間だけでなく、国内でも大きな格差が存在します。国際対がん連合会長のケアリー・アダムス博士は、「それが彼が生きているかどうかを決定するはずだ。政府ががん治療を優先し、誰もが高品質で手頃な価格のサービスに確実にアクセスできるようにするためのツールが存在する」とニュースリリースで述べた。国際がん研究:「これは単に資源の問題ではなく、政治的意志の問題だ。」

CNN のジャクリーン・ハワードがこのレポートに貢献しました。

READ  日本企業との社会保険・健康保険政策に関する対話 | コミュニティ