Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

世界保健機関は、鳥インフルエンザが人に伝染するリスクが「大きな懸念事項」であると述べている。 鳥インフルエンザ

世界保健機関は、鳥インフルエンザが人に伝染するリスクが「大きな懸念事項」であると述べている。 鳥インフルエンザ

世界保健機関は、ヒトの「異常に高い」死亡率を引き起こしているH5N1型鳥インフルエンザウイルスの蔓延について懸念を表明している。

2020年に始まった大流行により、数千万羽の家禽が死亡または死亡した。 世界保健機関は、米国の家畜を含むいくつかの哺乳類種の間で最近ウイルスが蔓延しており、ウイルスが人に伝染するリスクが高まっていると述べた。

国連保健機関の首席科学者ジェレミー・ファラー氏はジュネーブで記者団に対し、「これは依然として大きな懸念事項であると思う」と語った。

先月、ウシとヤギが影響を受ける種のリストに加わったが、これらはこのタイプのインフルエンザに感染しやすいとは考えられていなかったため、専門家にとっては驚くべき展開となった。 米国当局は今月、テキサス州で乳牛との接触後に鳥インフルエンザから回復した人がいると報告した。 6 つの州に 16 の群れ 野鳥との接触により感染したとみられる。

ファラー氏は、A(H5N1)株は「世界的な動物パンデミック」になったと述べた。

同氏はさらに、「最大の懸念は、アヒル、ニワトリ、そして哺乳類の感染が増えていることで、このウイルスが現在進化し、人間に感染する能力、さらには人間から人間に感染する能力を発達させていることだ」と付け加えた。

これまでのところ、H5N1 ウイルスが人の間で広がっているという証拠はありません。 しかし、過去20年間に人間が動物との接触を通じて感染した数百件のケースでは、人間にはウイルスに対する自然免疫がないため、「死亡率が異常に高い」とファラー氏は述べた。

世界保健機関によると、2003年から2024年にかけて、H5N1による感染者889人、死亡者463人が世界23カ国から報告され、致死率は52%となっている。

最近米国で感染した哺乳類との接触による人への感染例は、リスクの増大を浮き彫りにしています。 ファラー氏は「哺乳類の仲間に加わると、人間に近づくことになる」と述べ、「このウイルスは新たな新たな宿主を探しているだけだ」と警告した。

ファラー氏は、「人への感染者数を把握することが非常に重要だ。なぜならそこに適応が起こるからだ」と述べ、監視の強化を呼びかけた。 [of the virus] それは起こるだろう」。

「こんなことを言うのは悲劇だが、もし私がH5N1に感染して死んだら、それで終わりだ」と彼は語った。 「コミュニティを回って他の人に広めれば、そのサイクルが始まります。」

同氏は、H5N1ウイルスのワクチンと治療法の開発に向けた取り組みが進行中であると述べ、世界中の地域および国の保健当局がウイルスを診断する能力を確保する必要性を強調した。

ファラー氏は、その目標は「H5N1ウイルスがヒトに到達し、ヒトからヒトに感染した場合」、世界が「直ちに対応できる状態にある」ことであり、ワクチン、治療法、診断への公平なアクセスを求めていると述べた。 。

READ  最新のCOVID-19症例、インディアナ州ケンタッキー州オハイオ州での死亡