Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

世界保健機関は日本企業による新しいデング熱ワクチンの認定を行っている

世界保健機関は日本企業による新しいデング熱ワクチンの認定を行っている

デング熱に対する新しいワクチンが世界保健機関から事前承認を受けました。

TAK-003 は、世界保健機関によって事前認定された 2 番目のデング熱ワクチンです。 武田薬品工業(東京)が開発したこのワクチンは、デング熱を引き起こすウイルスの 4 つの血清型の弱毒化バージョンを含む弱毒化生ワクチンです。

世界保健機関は、デング熱の負荷が高く伝染の強度が高い環境では、6歳から16歳の小児にTAK-003を使用することを推奨しています。 ワクチンは3か月の間隔を空けて2回接種する必要があります。

「TAK-003の事前認定は、ユニセフやWHOを含む国連機関による購入の資格を獲得したため、デング熱ワクチンへの世界的なアクセスを拡大する上で重要なステップです」とWHOの規制・事前認定担当ディレクター「アメリカ人」のロジェリオ・ガスパール氏は述べた。

「これまでに事前認定されたデング熱ワクチンは2種類だけですが、ワクチンを必要とするすべての地域社会に確実にワクチンが届けられるよう、より多くのワクチン開発者が評価のために名乗り出てくれることを期待しています。」

WHOの事前資格リストには、サノフィ・パスツールが開発したデング熱に対するCYD-TDVワクチンも含まれている。

デング熱は、感染した蚊に刺されることで伝染する病気です。 重症デング熱は、デング熱感染によって発症する可能性のある致命的な合併症です。

ナイジェリア疾病管理予防センター(NCDC)は、2023年11月にソコト州でデング熱の発生を記録した。

感染疑い者は71人、確定感染者は13人、死亡者はいない。

報告された感染疑い患者の大部分は21歳から40歳の間です。

毎年、世界で1億人から4億人以上のデング熱患者が発生しており、38億人が主にアジア、アフリカ、アメリカ大陸のデング熱流行国に住んでいると推定されています。

デング熱の症例数が最も多く報告されたのは 2023 年で、WHO アメリカ大陸地域では症例数 450 万人と死亡者数 2,300 人が報告されています。 気候変動と都市化により、デング熱の症例は地理的に増加し、拡大する可能性があります。

READ  Global Markets - アジアの株式市場は、FRB が引き続きタカ派であるとの懸念から下落しました。