Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

世界市場 – Nvidiaの決算を前に株価が上昇、債券利回りは低下

世界市場 – Nvidiaの決算を前に株価が上昇、債券利回りは低下

(価格更新)

*

予想よりも弱いユーロ圏経済指標でユーロ安

*

市場はエヌビディアの決算とジャクソンホールでのパウエル議長の講演を待っている

*

日本の利回りは最高値を更新、円は依然として介入領域にある

*

米国債利回りは16年ぶりの高水準を超えて低下

マーク・ジョーンズとコー・グイチェン著

ニューヨーク/ロンドン(ロイター) – 投資家はこのセクターのバリュエーションの上昇が依然として正当と思われるかどうかを判断するためにハイテク大手エヌビディアのその後の決算を待ち望んでいたため、ユーロは2カ月ぶりの安値に張り付く一方、水曜日の世界株は反発した。

MSCIオールカントリー指数は1849GMTまでに1.08%上昇し、米国株は軒並み上昇した。 ダウジョーンズは0.67%上昇、S&P500種は1.25%上昇、ナスダック総合は1.83%上昇した。

8月のドイツとユーロ圏の企業活動の低下が調査データで示されたことを受け、ユーロは対ドルで1.0867ドルと、対英ポンドで12カ月ぶり安値となる水準で推移した。

これはドイツの企業活動の縮小としてはここ3年以上で最も速いペースであり、トレーダーらは記録的な一連の利上げを一時的に迫っている欧州中央銀行への賭けを強めた。

ユーロ圏の国債利回りの低下は、米国国債の利回りも低下したことを意味した。 10年米国債利回りは前回4.36%と16年ぶりの高水準を付けた後、4.191%に低下した。

投資家は金曜日にワイオミング州ジャクソンホールで開催される年次中央銀行サミットでジェローム・パウエル連邦準備制度理事会が講演し、米国の金利見通しについてさらなる手がかりを提供するのではないかと期待している。

リッチモンド連銀のトーマス・バーキン総裁は、好調な米経済指標を受けて金曜日にパウエル議長がタカ派的なメッセージを発するのではないかとの期待を高めたが、一部の投資家は依然として来年の利下げに賭けており、株価上昇を押し上げた。

インベステック・エコノミクスのアナリストらは「米国と英国では(緩やかな)景気後退が、ユーロ圏では平均を下回る成長が続くと依然として予想されており、デフレの勢いがさらに増すはずだ」と述べた。

「主要先進国で最初の利下げが2024年の第1四半期か第2四半期に実施されるとわれわれは予想している。」

借入コストがついにピークに達する可能性があるとの見方が、STOXX600欧州株指数を最大0.39%押し上げた。

ユーロ圏の借入コストの指標であるドイツ10年国債利回りは2.526%と約2週間ぶりの低水準に低下した。

MUFGストラテジストのリー・ハードマン氏は「欧州諸国の経済が引き続き減速していることを示す弱いPMI統計を背景に、欧州通貨は全体的にアンダーパフォームしている」と述べた。

「市場は現在、ECBが再び利上げするのではないかと疑い始めており、中銀が織り込んでいた2─3回の追加利上げは今や宙に浮いている」と述べた。

トレーダーらは欧州中央銀行による9月の利上げへの賭けを減らし、火曜日時点では50%超だったのに対し、現在は25bpの利上げの確率を約40%織り込んでいる。

一晩のアジア市場では、中国経済と人民元の弱さに注目が集まったことに加え、日本の工場の暗い指標もあり、センチメントも脆弱になった。

株式市場は、人工知能(AI)ブームや米国の購買担当者の株価指数などを背景に今年株価が猛烈な上昇を見せた後、半導体大手エヌビディアのその後の決算を控えて様子見モードとなっていた。給与データを修正しました。

エヌビディア株は火曜日、ウォール街で過去最高値の481.87ドルを記録した。オプションデータは、トレーダーらが今後発表される四半期決算後に通常よりも大きな株価変動が予想されることを示しているためだ。

アナリストらは、同社の第3・四半期の売上高は110%増の125億ドルになると予想している。 JPモルガンのアナリスト、スチュアート・ハンフリー氏は、売上高が140億─150億ドルになると予想する人もいると述べた。

「そのような数字は私には高く聞こえますが、これを嗅いでみると、この印刷物では、来年需要が最終的に減少しても問題ではないと主張する人もいるかもしれません(再び上位にランクされます)、ハンフリー言った。

感覚の低下

MSCIが日本以外のアジア太平洋株で構成する最も幅広い指数は0.4%上昇して終了したが、わずか2取引前に付けた9カ月ぶりの安値からはそれほど遠くなかった。 日本の日経平均株価は0.5%上昇した。

そこのデータは、8月の工場活動が3か月連続で縮小していることを示しており、今月の世界の製造業の健全性を初めて垣間見ることができた。 米国は水曜日にPMI速報値も発表する予定で、工場部門の縮小が続いていることが示される可能性が高い。

投資家が日銀の債券買い入れ見送り決定をさらなる売りへのゴーサインとみなしたため、指標となる10年日本国債の利回りは9年半ぶりの高水準となる0.675%に達した。

中国では優良株が火曜日の上昇を維持できず1.3%下落したが、香港のハンセン指数は1%上昇した後0.3%上昇とさらに持ちこたえた。

水曜日、鉄鉱石価格は5%上昇して2年ぶりの高値を更新し、中国政府の鉄鋼生産削減指導がない中、コークスとコークス炭は3%以上上昇した。

為替市場では、米ドルが主要通貨バスケットに対して2カ月ぶりの高値となる103.8ドルを付けた後、0.24%下落した。

円は対ドルで150円を超えた場合にのみ日本が市場介入するとの話が広がる中、9カ月ぶり安値の145.34円を付けた後、144.69円まで反発した。

原油価格は下落した。 ブレント原油先物は0.46%下落して1バレル当たり83.64ドル、米国ウェスト・テキサス・インターミディエイト原油先物は79.36ドルに下落した一方、金は1.06%上昇して1オンス当たり1917.3ドルとなった。

(シドニーのStella KoeとアムステルダムのYoruk Behseliによるレポート;Mark Potter、Emilia Sehtul-Matares、野見山千津による編集)

READ  スナック氏によると、プライベートエクイティのM&Aは英国経済への信頼を示している