Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

世界最大の債券市場は容赦ない売りに見舞われている

世界最大の債券市場は容赦ない売りに見舞われている

  • ドイツ連邦債利回りが3%に到達
  • 米国の30年債利回りは5%
  • 絆の敗北が世界に警鐘を鳴らす
  • 世界の株価は5カ月ぶりの安値に

[ロンドン、10月4日、ロイター] – 世界的な国債の持続的な下落により、水曜日には30年米国債利回りが2007年以来初めて5%、10年ドイツ国債利回りが3%に上昇した。世界的な景気減速を加速させる。 株式や社債への損害。

インフレ抑制のため主要国の金利が長期間高止まりするとの見方の高まり、米経済指標の底堅さ、債券高に対するトレーダーのポジションの急激な巻き戻しなどが痛感している。

世界金融システムの要と考えられている米国債市場では、10年債利回りが今週だけで20ベーシスポイント上昇し4.8%となった。 2022年に200ベーシスポイント以上上昇した後、今年は100ベーシスポイント近く上昇している。

債券利回りは価格と逆の動きをしており、価格の上昇を期待して債券を保有していた資産運用会社は今、タオルを投げている。

アルテミス・アセット・マネジメントの債券ポートフォリオマネジャー、フアン・バレンズエラ氏は「現在、市場のポジショニングが間違っていたため、(米国債の)売りの背後に大きな勢いがある」と述べた。

「FRBが利上げのピークに達したため、国債を購入する時期が来たという考えに多くの人が賛同した。」

ロイターグラフィックス

水曜日、米国の30年債利回りは世界金融危機以来初めて心理的水準の5%に達し、暴落が広がる中、ドイツの10年債利回りは3%に達し、市場の新たな節目となった。収量はマイナスでした。 2022 年初めに。

オーストラリアとカナダの10年債利回りは今週、それぞれ20ベーシスポイント(bp)以上上昇し、水曜日には英国の30年国債利回りが5%を超える25年ぶりの高水準に達した。

投資家の不安を示すもう一つの兆候として、注目されているMOVE債券ボラティリティ指数が4カ月ぶりの高水準となった。 (.動きます)

世界の利回りは10年平均水準を上回る 世界の利回りは10年平均水準を上回る

政府の借入コストは、住宅所有者の住宅ローン金利から企業のローン金利まであらゆるものに影響を与えます。

債券下落のスピードが株式市場で懸念を引き起こし、安全資産とされるドルがユーロ、英ポンド、そして包囲された日本円に対して数カ月ぶりの高値に上昇した。 、、

S&Pグローバル・マーケット・インテリジェンスのデータによると、水曜日の世界株式市場(.MIWD00000PUS)は4月以来の安値を記録し、欧州ジャンク社債バスケットへのエクスポージャーを確保するコストは5カ月ぶりの高水準に達した。

ジュピターのソブリン債ファンドマネジャー、ヴィクラム・アガルワル氏は「現時点ではリスク資産には非常に慎重だ」と述べた。

一方で、株式や企業信用などのリスクの高い資産は、中央銀行の利上げによって引き起こされる最終的な景気後退の影響を受けやすいと同氏は述べた。

あるいは、景気後退が起こらず、「長期間にわたって金利が変わらない、より高いシナリオが得られるとしたら…それは最終的にはリスク資産にとっても非常にマイナスだ」。

悪化する経済見通しとインフレ抑制のために金利を高水準に維持する必要性を検討している中銀にとって、借入コストの新たな上昇も頭の痛い問題となっている。

しかし、この悪化がいつ、どのような形で起こるかについての不確実性が債券市場をさらに複雑にし、長期債の急落の一因となっている。

同紙によると、投資家が長期にわたって資金を貸す際に必要とする報酬の指標として注目されている米国の10年プレミアムは、2021年6月以来初めてプラスに転じ、8月末以来70ベーシスポイント以上上昇したという。ニューヨーク連邦準備銀行。

ラボバンクの金利戦略責任者は「誰もが景気後退を求めているが、それを拒否している」とし、「さらに原油価格の上昇もあり、当然、金利の将来見通しという点で状況を複雑化している」と述べた。 」 リチャード・マクガイア。

「これらすべてが複合して、投資家が資金を長期国債に残しておくことに非常に慎重になっているのだと思います。彼らはそれに対する補償を求めています。」

(ダラ・ラナシンハ、ナオミ・ロブニック、アラン・ジョン、ヨルク・バフチェリ、キアラ・エリシ、アンディ・ブルースによる報告 – アラビア報のためにムハンマドが作成 – アラビア報のためにムハンマドが作成) ダラ・ラナシンハとアラン・ジョンによる執筆。 編集:キム・コギルとトビー・チョープラ

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

ライセンス権の取得、新しいタブが開きます
READ  明るい日本の経済指標を受けてポンド/円は185.50に向けて後退