Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

世界株は上昇。 日銀の政策調整を受けて円安

世界株は上昇。 日銀の政策調整を受けて円安

  • アジア株が下落した後、欧州株は0.7%上昇
  • 中国の統計は経済への懸念を引き起こす
  • 日本円が1ドル150円を割り込む
  • 一部の投資家は日銀の政策調整に不満を抱いている

ロンドン(ロイター) – 火曜日の欧州株は上昇したが、長年にわたる大規模な金融刺激策の終了に向けた日銀の措置が一部の投資家を失望させたことを受け、日本円は対ドルで1年ぶり安値に下落した。

欧州株 (.STOXX) は、投資家が企業利益の底堅さに安心感を抱き、0.7%上昇した。これが、弱い製造業指標を受けて中国経済の見通しに対する新たな懸念からアジア株が序盤に上げを失った後、いくらか安堵した。

不動産株と化学株が上昇を主導したが、STOXX600指数は依然として2022年9月以来最悪の月間パフォーマンスを記録する軌道に乗っていた。

47カ国の株式を追跡するMSCI世界株式指数 (.MIWD00000PUS) は0.1%上昇した。 ウォール街先物指数は0.2%上昇を示した。

中央銀行がいわゆる債券利回り管理(YCC)政策を調整して長期金利の管理を緩めたため、円はドルに対して1.1%下落し、取引最安値の150.76円を付けた。

円は先週、2022年10月以来の安値となる150.78円まで下落した。

アナリストらは、火曜日の中銀の動きを、長年続いてきたYCC政策の解体に向けた小さな一歩だとみなしている。

しかし、トレーダーらは緩和政策を維持するという日銀の「忍耐」の約束に注目し、インフレ率は2025年に2%未満に鈍化するとの予想を示し、円は下落した。

クローズ・ブラザーズ・アセット・マネジメントの最高投資責任者、ロバート・アルスター氏は「市場が円高を期待していたために円が下落した」と述べた。

円はユーロに対しても下落し、同通貨は1.5%上昇し、15年ぶりの高値となる160.64円を記録した。

国債市場では、10年物日本国債の利回りは発表後に若干低下したが、依然として10年ぶりの高水準を維持した。

この日後半、同国のインフレ統計が通貨圏全体の下落を示したため、ユーロ圏利回りは低下した。 指標となるドイツ10年債利回りは5ベーシスポイント低下の2.77%となり、前日に付けた2週間ぶりの低水準を試した。

FRBが注目

中国の製造業活動が縮小に戻り、世界第2位の経済大国に対する懸念が再燃したため、アジア株は先に下落した。 最近の指標は、中国の回復が進んでいることを示しています。

MSCIの日本国外アジア太平洋株総合指数 (.MIAPJ0000PUS) は0.7%下落し、先週付けた1年ぶり安値付近で推移した。 同指数は10月に4%下落し、3カ月連続の赤字に向かう。

ドイツ銀行のアナリストらは「最近発表された第3・四半期GDP統計が予想を上回ったにもかかわらず、残念な統計は経済が依然として苦戦していることを示唆している」と述べた。

今週、投資家は米連邦準備制度理事会やイングランド銀行などの主要中央銀行会合に注目している。

米連邦公開市場委員会は火曜日遅くに2日間の金融政策会合を開始し、フェデラル・ファンド金利の誘導目標を5.25─5.50%に据え置くことが容認される見通しだ。

最近のデータは米国経済が依然として回復力があることを示しており、金利がどのくらいの期間高止まりする可能性があるかを測るためにパウエル連邦準備制度理事会議長のコメントが精査されることになる。

10年国債利回りは0.9ベーシスポイント上昇し4.886%となった。

競合6社に対する米ドルのドル指数は0.1%下落した。 ユーロは10月に0.3%上昇し、2カ月連続の下落を反転させる準備ができているように見えた。

最近の取引では同通貨は0.4%上昇し、1.0655ドルとなった。

中東紛争により供給が高まる懸念が中国への懸念を和らげたため、原油価格は上昇した。 米国産原油は0.8%上昇して1バレル=82.24ドル、ブレント原油は日中0.9%上昇し88.24ドルを記録した。

(ロンドンではトム・ウィルソン、シンガポールではアンクル・バナジーが報告。アラビア報の準備はモハメッドが担当) 編集:リンカーン・フィースト、キム・コギル、ミラル・ファーミー、ジャン・ハーヴェイ

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

ライセンス権の取得、新しいタブが開きます

トムは、2022 年まで仮想通貨取引所バイナンスを中心に、ロンドンから仮想通貨企業、規制、市場をカバーしています。 同氏は2014年からロイター通信社に勤務しており、前職は東京で日本の入国管理制度の不正行為を暴露し、タバコ大手フィリップ・モリス社の報道で外国人記者クラブ共同賞を受賞した。

READ  日本のゴム先物が上昇 - 市場