Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

世界環境デー短編映画

SSFF& アジア 発表:地球を救う「ペントハウス」! 環境省大臣賞

J-WAVEアワードの「PresentfortheFuture」

渋谷、日本 そしてその 2022年6月6日 /PRNewswire/-短編映画祭と アジア (SSFF& アジア)、 の一つ アジア アカデミー賞®権利認定を受けた最大の国際短編映画祭が、「地球を救え!」の受賞者を発表しました。 コンペ。 環境大臣賞とJ-WAVE賞の受賞短編映画が発表され、SSFF&に贈呈されます。 アジア 上の場所 2022年6月5日 (JST)。

地球を守る! (環境大臣賞)はペントハウス(dir。 Vigard Dahliクロンセスヨハンソンライン)、氾濫した世界に住む夫婦の物語を通して人類の崩壊を描いたノルウェーの映画、そして地球を救え! (J-WAVEアワード)は「Presentfor the Future」(監督:Shamir Ryabov)、1分間の短編映画 キルギスタン 素晴らしい話で。
https://shortshorts.org/2022/en/information/savetheearth/

どちらの映画もオンラインで公開されます。
SSFF& アジア 地球温暖化防止のための「キャンペーンチャレンジ25」と共同で2008年に「ストップ!地球温暖化コンテスト」を創設し、「地球を救え!コンテスト」として生まれ変わりました。 2020年から「地球を救え!」の範囲が広がりました。 より多様なグローバルな問題を含めるための競争。

これらの受賞歴のある短編映画の短編映画に描かれているドラマが、人々が地球が現在直面している状況をより認識し、将来への希望を共有する機会を生み出すことを願っています。

ペントハウスのディレクターからのコメント:この賞を受賞できて光栄です。 急激な気候変動やその他の環境災害により、地球を救うためには、私たちの生き方を変えなければならないと思います。 この物語は私たちの過ちを物語っています。この映画を通してあなた自身のためにいくつかのことを考えていただければ幸いです。

現在の未来のディレクターからのコメント:この賞を受賞できてとても感謝しています。 私はこの映画を、あなたがどんな人種、性別、民族であろうと、環境について何かをする緊急の必要性から作りました。

SSFF& アジア それは2022年に始まり、185以上の短編映画がオンライン会場で世界中にストリーミングされました。 6月20日10番目
https://www.shortshortsonline.org/browse

コンタクト:
田中冬美
0354748201
[email protected]

短編映画祭ソース委員会

READ  HamaguchiPicで日本のストリーミングサービスが開始-締め切り