Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

世界的なチップ不足は、日本の自動車メーカーを悩ませ続ける可能性があります

製造業者と技術者は、生産を混乱させている世界的なチップ不足を煽っている課題の網を解こうとしていますが、解放しようとしている人々は少し待っています。

実際、一部の自動車メーカーは、今後何年にもわたって問題を抱えて生きなければならないのではないかと恐れています。

今月初め、日本の自動車メーカーは2020会計年度の収益を報告し、供給圧力が一部の生産を停止したため、チップの不足が主要なトピックでした。

道路への影響の深刻さは企業によって異なるようです。たとえば、トヨタ自動車はそれを「小さなリスク」と表現しています。

しかし、鈴木俊宏社長の鈴木俊宏氏は、より悲観的な見方をしている。

同氏は先週のオンライン記者会見で、「半導体の不足は慢性的な問題になると考えている」と述べた。

スズキは供給不足のため、4月と5月に一時的に生産を停止しており、来月も生産を停止する予定とのこと。

「バイデン政権は、チップへの戦略的投資を計画していると発表した…日本は、業界を保護するためにこれを統一し、対処する必要があると信じている」と鈴木氏は述べた。 「単一の会社が行うには大きすぎる投資です。」

米国のジョー・バイデン大統領の政権は、昨年末に現れ始めた限られた供給に対処するために、半導体の生産と研究に500億ドルの投資を呼びかけています。

米国や中国などの国々が経済ブームを迎えたため、チップの需要は予想外に増加しました。一方、パンデミックの中での外出禁止令は、コンピューターやビデオゲームから家電製品までの電子機器の需要を押し上げました。

彼は自動車メーカーに大きな打撃を与え、生産を削減せざるを得なかった。

日産自動車は、チップ不足により今年度の総生産台数が約50万台削減されると見込んでいる一方、スバルは48,000台の生産台数を削減すると発表した。

需要の高まりに加え、3月に日本の大手チップメーカーであるルネサスエレクトロニクスが火災などの予期せぬ事故が懸念されました。

したがって、サプライチェーンが正常に戻ったとき、この質問は未解決の質問のままです。

GartnerInc。のレポートによると。 今月初め、チップ供給へのストレスは来年の第2四半期まで続くと予想されています。

米国のジョー・バイデン大統領は、2月にワシントンで半導体チップの世界的な不足に対処することを目的とした大統領命令に署名する前に、彼が話すときに半導体チップを保持しています。 | ロイター

しかし、この見方は一般的な半導体産業に関するものであり、自動車生産用のチップに関しては、状況が異なる場合があります。

「日本では、自動車産業を考えると、自動車産業はナンバーワンの産業だと思われていますが、半導体消費の面では本当にニッチなセクターです」と山木正人氏は半導体市場全体の10%未満を占めています。 。 ガートナーのアナリスト。

そのため、スマートフォンやデータセンターなど、他の主要なチップの需要が業界で増加すると、自動車用半導体(一般的に収益性の低いセクター)の生産に特に大きな打撃を与える可能性があります。

自動車用半導体の需要は、自動運転や関連機能などの機能のためにより多くのチップを必要とするため、今後数年間で増加すると予想されます。

「5年後には、オートチップは総市場シェアの10%を超える可能性がありますが、それでもまだ10%にすぎません」と山木氏は語った。

半導体の全体的な需要が膨らむと、自動車メーカーは在庫を確保するために互いに競争しなければならず、それはさらなる不足につながるでしょう-山木氏はこのサイクルが続くと予想されています。

実際、自動車業界がチップの不足に対処しなければならなかったのはこれが初めてではありません。

自動車メーカーは2017年と2018年にサプライチェーンの圧力に直面し、自動車メーカーはチップメーカーに生産能力と生産量の増加を迫り、部品サプライヤーも大量の在庫を購入しました。

「それで、2019年に何が起こったのですか?」突然、山木は言った、自動車メーカーがそれほど重要である必要がなかったことがわかりました。

その結果、チップメーカーや部品サプライヤーに大量の在庫が発生しました。

世界最大の自動車用半導体メーカーの1つであるルネサスは、生産を停止せざるを得ず、スタッフを解雇し、上司は辞任した。

「2017年から2019年の間に起こったことはまた起こると思います。実際、それは今起こっています」と山木は言いました。

世界最大の自動車用半導体メーカーの1つであるルネサスは、以前のチップ不足に対応して、生産を停止し、過剰生産後に従業員を解雇しなければなりませんでした。  | ロイター
世界最大の自動車用半導体メーカーの1つであるルネサスは、以前のチップ不足に対応して、生産を停止し、過剰生産後に従業員を解雇しなければなりませんでした。 | ロイター

経済産業省は、過去から学んだ教訓を踏まえ、チップメーカーやサプライヤーに対する態度を変えることで、チップ不足の影響を緩和するために、自動車メーカーの代表者で構成されるワーキンググループを立ち上げることを計画しているようです。

このグループは、自動車メーカーがよりよく考えられた生産計画をどのように提供できるかについて話し合うことが期待されています。

「一部の自動車メーカーは、生産計画を示さずに部品を注文するだけです。生産計画があっても、実際の需要にどれだけ近いかは疑わしいです」と経済産業省の関係者は述べています。

関係者は、よく考えられたアプローチがなければ、「スペアパーツのサプライヤーとチップメーカーは、生産と投資の計画に同意することができない」と付け加え、過去の繰り返しを避けたいという願望を示しています。

このグループは、自動車メーカーとチップメーカーの直接的な関係を深める方法についても話し合う可能性があります。 実際にチップを購入するのは部品サプライヤーであるため、通常、部品サプライヤーとチップメーカーの間で連絡があります。

別の経済産業省の関係者は、「自動車メーカーにとって、チップメーカーはサプライヤーの多層の背後にいる人物にすぎなかった」と述べたが、世界的な不足の中で状況が変化したため、自動車メーカーは彼らと「より公平な関係」を築く必要がある。

「自動車メーカーが直接コミュニケーションをとれば、チップメーカーは自分の顔を見ることができます。直接話したことがない人からのリクエストとはまったく異なる印象を与えるでしょう。」

誤った情報と多くの情報の両方の時に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読

フォトギャラリー(クリックして拡大)

READ  楽天小売業者がデジタルバンキングゲームで日本の貸し手を打ち負かす