Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

世界選手権混合団体で日本が7年連続金メダルを獲得

世界選手権混合団体で日本が7年連続金メダルを獲得

金曜日、日本は世界柔道選手権大会の混合団体戦で無敗を継続し、2017年以来7年連続の金メダルを獲得した。

男子3人、女子3人ずつで構成された13カ国が出場するこの大会では、日本は準々決勝でドイツを4対0で破り、準決勝でウズベキスタンを4対1で破り、アブダビでの決勝ではフランスを同スコアラインで破った。

フランス戦では男子90kg級で23歳の中野寛太選手が先制で勝利し、男子70kg級では19歳の田中龍華選手が優勝し、チームの出場権獲得に貢献した。 3-1リード。

2024年5月24日、アブダビで開催された世界柔道選手権大会の混合団体戦で優勝し、写真を撮る日本の柔道家。 (写真提供:国際柔道連盟)(京都府)

男子90kg級では18歳の川端孔明が、第5種目で肩投げと一遍の組み合わせで優勝した。

木曜までの14の個人種目で、日本は男子66kg級で田中龍馬、男子90kg級で田島功儀、女子78kg超級で富田若葉が3つの金メダルを獲得した。

パリオリンピックに出場した唯一の柔道家、中山竜樹はアラブ首長国連邦で開催された選手権に日本代表として出場した。 60kg級では中山はベスト32に進めなかった。


関連報道:

柔道:オリンピック5回メダリストの谷亮子選手が日本チームを激励

オリンピック:柔道チャンピオンの安倍宇田選手がパリ決勝で敗退、専門家が予想

柔道:パリのアンタルヤ・グランドスラム90kg級でムラウ選手が金メダルを獲得


READ  日本は来年国防費の上限を放棄する-日系