Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

世界遺産姫路城が153年ぶりに新「城王子」を迎える

世界遺産であり国宝でもある姫路城と兵庫県は、最近、153年ぶりに3人の新しい「城主」を迎えました。

このイベントは、姫路市が日本の地方税制の下で3000万円(約234,000ドル)の巨額の寄付をするために提供したパッケージの一部でした。 チャーターされたヘリコプターの乗り物、完全なプライベートの食事、そして描かれた絵さえ含まれていました。 新たに3人の「城王子」を選んで参加した寄贈者の身元は秘密のままですが、毎日新聞がパッケージの詳細を確認しました。

-戦闘服への素晴らしい入り口

3月19日、姫路市から「城主」にチャーターされた民間ヘリコプターが、瀬戸内海上空を飛行して神戸空港に輸送した。 ヘリコプターは市のスポーツスタジアムに着陸し、レンタカーで城に運ばれました。 彼らは伝統的な「羽織」のコートを着て城に入った。

約20人の市職員がトリオを迎えに来て、奈良大学の考古学者千田嘉博と一緒に城を見学しました。 城の堅固な防御と要塞としての歴史的な役割について学びましょう。 彼らはまた、城の地下​​にあるバスルームを見学します。これは通常、一般の人は立ち入り禁止です。





姫路市から提供されたこの画像では、俳優が15世紀から17世紀にかけての戦国の戦国のシーンを、新しい「城主」への贈り物として再現しています。

主な要塞では、姫路市長の清本秀康が3つの「城に入る永久的な権利」を与えました。 15世紀半ばから17世紀初頭にかけての日本の戦国時代から、約30人のプロの俳優がフルアーマーで再現されたシーンを身に着けています。 彼らは、銃が壁のニッチを通り抜けて敵を攻撃する方法を示し、敬意を表する言葉を話し、「領主」に彼らの足音を見るように思い出させました。

その後、3人は城を見下ろす日航姫路ホテルのスイートに宿泊しました。 50本の満開の桜の木で飾られた2階のバーのロビーでは、ゲストはウニや黒トリュフなどの豪華な食材を使ったエグゼクティブシェフの「シタデルロードミール」を楽しんだ。

-発表から20日後に3000万円を寄付

赤松則村将軍が1333年に最初に城を建てたと言われる姫路城には、1869年に国有化される前に、48人の首長がいました。1931年に国有化され、1993年に日本初の城となりました。奈良県姫路城の隣にある世界遺産。

姫路市は、日本の地方税制の下で、トライアルベースのリターンギフトとして新しい「キャッスルロード」を入力するというアイデアを思いつきました。 この制度により、住民は減税と引き換えに、通常は贈り物に加えて、選択した自治体にお金を寄付することができます。 2021年12月、姫路は3000万円以上の寄付と引き換えに、49番目の城主として誰かを迎える計画を発表しました。

市の地域開発事務所の職員は、他の地元の団体が匹敵することができない素晴らしいリターンギフトを作成するために彼らの頭を合わせました。 当初は追跡ゲームや宝探しイベントと考えられていましたが、他の部局は姫路城の威厳を損なうようなことはしないように警告していました。 その後、城の石壁や城壁の損傷の可能性を排除することを決定し、代わりに閉店後に城を貸し出しました。

寄付額が多かったため、受取人が来るとは思っていませんでしたが、市外に住む一人が前に出て、市が発表されてからわずか20日で3000万円が寄付されました。 関係者は、お金を寄付した人は匿名のままでいたいと言いました。 この記者は市に、その人の年齢、住んでいる場所、男性か女性かを尋ねたが、市当局は「完全に匿名になりたかったので答えられない」と厳しく答えた。

お金を寄付した人はおもてなしのイベントに参加しませんでしたが、代わりに他の3人を城の新しい領主として特定しました。 市は現在、3人の肖像画を描いており、寄贈者は「非常に満足している」と言われています。

(姫路事務所北奈奈による日本語原作)

READ  全米プロゴルフ選手権:フィル・ミケルソンがルイ・ウーストハイゼンとリードを共有