Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

世界野球ソフトボール連盟

世界野球ソフトボール連盟

世界野球ソフトボール連盟 (WBSC) との長年にわたるパートナーシップの一環として、日本のスポーツ用品大手ミズノは、すべての WBSC ソフトボール ワールドカップ トーナメントで使用する新しいソフトボール モデルを導入しました。 WBSC女子ソフトボールワールドカップ グループステージ 2023年、WBSCソフトボールワールドカップの公式ソフトボールとしてミズノM170がM150に取って代わる。

2 つのモデルの主な変更点は、ボール キャップです。 新しい M170 – 17 の持続可能な開発目標にちなんで名付けられました。 国連アジェンダ 2030 – フェイクレザー製。 持続可能な素材として、その特性により、ボールの表面の膨張と厚さ、および糸の高さとステッチ幅の違いが解消され、製造ガイドラインにより正確なボールが得られます。

WBSCのリッカルド・フラッカーリ会長は「WBSCとミズノは業界のリーダーであり、世界中のソフトボールの重要なパートナーである。このパートナーシップを誇りに思う。 「WBSCの使命と戦略計画の一部は、私たちのゲームを利用して、より良い、より持続可能な世界を形作ることであり、ソフトボール用の新しい持続可能なボールを開発することは、そのプロセスにおける重要なステップです.」

M150 は、過去 3 つのオリンピック ソフトボール大会 (アテネ 2004、北京 2008、東京 2020) の公式ソフトボールでした。この歴史的なボールは、2000 年のシドニー オリンピックの後、2001 年に導入され、ミズノ M100 ボールでプレーされ、最初に使用されました。カナダのサスカトゥーンで開催された女子ソフトボール ワールドカップ X 2002 で。 M150 は WBSC (当時は国際ソフトボール連盟 ISF) の最初の公式ソフトボールで、黄色のオプティック カバーと赤いステッチが特徴で、すぐにこのスポーツの象徴となりました。

2025年まで続くWBSCとミズノのパートナーシップを通じて、日本に拠点を置くミズノは、男子と女子のソフトボールワールドカップを含むすべてのWBSCソフトボールイベントの公式ソフトボールと審判用具サプライヤーに指名された。 また、ミズノはWBSC大会関係者や従業員のユニフォームを提供しています。

WBSCとミズノは長年にわたるパートナーシップと関係を築いてきました。 2014 年に、この日本のブランドは WBSC の最初のグローバル スポンサーとして発表され、40 年以上にわたってソフトボール ワールド カップの公式サプライヤーとして継続してきました。

に含まれる WBSC 持続可能な開発戦略 戦略計画 2022-2028、国連の持続可能な開発目標に沿っています。

READ  アイルランド戦を前にしたスプリングボクスのメンタリティーについて新たな理論が浮上