Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

両岸平和は日本にとって重要:日本の議員

両岸平和は日本にとって重要:日本の議員

台北 5 月 4 日 (CNA) 訪問中の日本の議員は木曜、台湾と日本の安全保障を結びつけるという中国の駐日特命全権大使の発言に応えて、東京と台北は地理的に近接しているため、台湾海峡を渡る平和は東京と台北の両方にとって重要であると述べた。は重要。 「ばかげていて危険です。」

鈴木典和国会議員は台北で記者団に対し、「中国が何と言おうと、台湾と日本は地理的に近接していることを考えると…海峡と領土の平和と安定は日本だけでなく、全世界にとっても重要だ」と語った。

鈴木氏は、4月16日から18日まで日本の長野県で開催された先進7カ国の外相会議後に発表された最新の声明は、安全と繁栄の不可欠な要素として、台湾海峡全体の平和と安定も強調していると述べた。国際社会の。 コミュニティ。

日本の与党である自民党の青年部長である鈴木氏は、日本はこの原則に従って行動し続けると付け加えた.

先週駐日中国大使呉江浩(吳江浩)が行った声明についてコメントを求められたとき、彼はその発言をした。

4月28日、東京の日本記者クラブで行われた記者会見で、呉大使は、台湾問題は中国の核心的利益の核心であり、中国の建国に関係していると強調し、日本は中国の内政に干渉すべきではないと警告した。日本関係。 彼はそれを「越えることのできない赤い線」と表現しました。

呉外相は「台湾の非常事態は日本の非常事態だ」という発言は「ばかげて危険」であり、純粋に中国の内政問題を日本の安全保障と結びつけるのは不合理で有害だと付け加えた。

日本の故安倍晋三首相は、2021 年 12 月に初めて「台湾の非常事態は日本の非常事態であり、したがって日米同盟の非常事態である」と述べた。

鈴木氏は、火曜日から日曜日までの 5 日間の訪問で、自民党青年部の 12 人のメンバーの代表団を率いています。

木曜日、代表団は総統府で蔡英文総統とも会談した。 会談で鈴木氏は、台湾海峡の安全とインド太平洋地域の安定が日本の国益につながることを強調した。

彼は、世界がロシアのウクライナ侵攻などの課題に直面している間、台湾と日本は協力してそれぞれの価値観を維持しなければならず、一方的な現状変更には武力で反対しなければならないと述べた。

鈴木氏によると、自民党の青年部は包括的かつ先進的な環太平洋パートナーシップ (CPTPP) 協定への台湾の参加を支持しており、台湾が台頭に乗り出すのを助けるために最善を尽くすだろう.

台湾は、東京が主導する大西洋横断貿易ブロックである CPTPP への参加を熱望しており、このブロックは 5 億人の市場を代表し、世界貿易の 13.5% を占めています。

ただし、CPTPP への新規加盟には、現在オーストラリア、ブルネイ、カナダ、チリ、日本、マレーシア、メキシコ、ニュージーランド、ペルー、シンガポール、ベトナムを含む署名国の全会一致の支持が必要です。

さらに、鈴木氏によると、日本は、世界保健機関の意思決定機関である世界保健総会(WHA)への台湾の参加を支持している。

台湾の保健福祉省は今週初め、5 月 21 日から 30 日までスイスのジュネーブで開催される予定の今年の世界保健総会に台湾が出席するための招待状を受け取っていないと述べた。

この国は、蔡氏と彼女の独立志向の民主進歩党に対して強硬な姿勢をとってきた中国の反対を理由に、2017年以来、世界保健総会から除外されてきた.

2009 年から 2016 年までの馬英九総裁の政権下では、台湾の代表者は「チャイニーズ・タイペイ」の名でオブザーバーとして世界保健総会に参加することが許可された。

木曜日の蔡総統との別の会談で、日本の元参議院議長である山東明子氏は、同様の見解を表明し、台湾は国際機関への参加への努力において日本の強力な支持を得るだろうと述べた。

5月3日から8日までの6日間、台湾を訪問するサント首相は、台湾は日本の真の友人であり、両国は様々な場面で互いに支え合ってきたと述べた。

一方、蔡氏はサント氏とその代表団に対し、台湾は日本やその他の民主的パートナーと協力して、インド太平洋地域の平和と安定を促進すると語った。

代表団には船山康夫、島切郁夫、今井恵理子も含まれており、いずれも諮問委員会のメンバーです。

(Joseph Yeh と Ting Pei Guo によって書かれました)

エンディテム / AW

READ  マサチューセッツは水曜日の夜にNASA実験の開始を見る機会があります